Googleが、リアル会話への広告挿入に成功

次の記事

伊藤穰一氏がクリエイティブ・コモンズのトップに

adsense-conversations.png

ではGoogleのエイプリルフールネタの記事は(たぶん)これでおしまい。私はこれと、Google Docsの紙ヒコーキオプションが気に入っている。写真がすべてを語ってくれるだろう。会話用AdSense。Inside Adsenseブログから抜すい。

わずか数ステップで、話していることに関連した広告が表示されるようになりました。画面は頭の上で邪魔になりません。

会話に参加している人なら誰でも、広告を手で叩いて、宣伝の商品やサービスを利用することができます。当社の新しいTeleportation Technology(TM)によって、お客様をそのサービスのある場所に直接移動するか、商品をその場で手にすることができます。

会話の中にGoogle広告を入れるにはどうすればいいですか?
登録していただければすぐに、調節可能な画面と専用AdSenseヘッドギアーをお送りします。

広告が会話にターゲットされないのですが?
ターゲット広告が表示されないときは、会話の内容をシステムが認識できるだけの時間、お客様が特定の話題について話していない可能性があります。システムが、関連する広告を選んで表示できるように、とりとめなく同じことを話すことをお勧めします。また、当社の音声ターゲティング機能を利用して、特定のことばを大きな声で話していただくこともできます。ただし、こうした行動は社会的に厄介状況を引き起こすことがありますので、十分ご注意ください。

これ以外のグーグルのエイプリルフール馬鹿企画は以下の通り。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)