史上最高に馬鹿げた著作権侵害のDMCA通告

次の記事

Flying Pickle―小さいコミュニティー・ブログにも将来はある

何かインターネット上で気に入らない記事を見つけたらDMCA(デジタル・ミレニアム著作権法)による著作権侵害の通告をぶつければ、まず間違いなく削除させることができる。一部のグループ、特にEFFはこういう偽の通告に反撃を試みている。実際、私は一度、DMCA通告問題でEFFはやりすぎではないかと批判したことがある。しかし 多くのケースでEFFその他の団体は偽のDMCA通告から被害者を守るうえで大きな助けになっている。

ある場合にはこういう偽の通告が問題になるが、別の場合には漠然とした不当に幅広い通告が問題になる。(上の段落の最後のリンク先参照)。しかし今日気づいたケースはバカバカしさの点でちょっと類を見ない。

Scorpio MusicはYahooに書簡を送り(おそらくDMCA通告だろうが)Loren Feldmanが制作したビデオは同社が著作権を管理する作品の著作権を侵害していると主張した。侵害されたと称されるのはVilliage Peoplの曲「YMCA」だ。

ビデオ内でそもそも曲は再生されているわけではない。パペットがほんの数秒、歌詞の一行を歌う(だいたい開始後1分30秒あたり)だけだ。Yahooはビデオを即座に削除した。(YouTubeにはまだ公開されているので上にエンベッドした〔注:すでにYouTubeからも削除ずみ〕)。そしてFeldmanに「アカウントを剥奪するぞ」という脅し文句をメールで送りつけてきた。(一部を下に公開した)

Yahooはこのような著作権侵害がもう一度起こればYahoo!はあなたがアップロードしたビデオをすべてYahoo! Videoサービスから削除するだけでなく、すべてのYahoo!サービスを停止し、Yahoo! IDを無効にすることがあります。

まったく腹が立つことだが、事実としてこのビデオは、いかなる基準に照らしても著作権法上の公正な引用(フェア・ユース)にあたることは明白である。全然、灰色の領域などではない。

いい加減なDMCA通告がどれほどしばしば送られてくるか考えると、Yahooにビデオをアップロードするのは考えものだ。そういった通告をたった2通受けただけで、反論もできないうちに、気が付くとFlickr、Yahoo Mail、Deliciousのアカウントまできれいさっぱりと削除されていたなんていうことになりかねない。

私は、サービス運営者側にも、コンテンツを削除する前に、あまりに不当な著作権侵害の通告はより分けて放り出す義務があると思う。上記Feldmanの場合など一瞥しただけで、いかなる知的所有権だろうと侵害しているわけがないことが判断できたはずだ。レコードレーベルや出版社は例外なしに一律、機械的にこういう通告を発行するというお粗末な仕事をするに決まっているのだから、Yahooのようなインターネット企業にはいま少しユーザーを思いやった対処があってしかるべきだと思う。

Yahooから1938 Mediaへのメール(英文)

From: “Yahoo! Copyright”
Date: April 5, 2008 12:37:22 PM PDT
To: 1938Media
Subject: Notice of Infringement

RE: http://video.yahoo.com

SCORPIO MUSIC S.A. / CAN’T STOP PRODUCTIONS INC.’s agent has notified Yahoo! Inc. (“Yahoo!”) that you have posted copyrighted material in connection with your uploaded Yahoo! Video which is proprietary to SCORPIO MUSIC S.A. / CAN’T STOP PRODUCTIONS INC.. SCORPIO MUSIC S.A. / CAN’T STOP PRODUCTIONS INC.’s agent has further notified Yahoo! that you are not authorized to use the “Village People” material in question at:

http://video.yahoo.com/watch/2267511/7132801

Yahoo! respects the rights of both its users and the owners and rights holders of intellectual property. Accordingly, and in compliance with the Digital Millennium Copyright Act and/or other applicable federal law(s), Yahoo! has expeditiously removed and/or disabled access to the copyrighted material in question.

Through your participation in Yahoo! Video you agree to abide by the Yahoo! Terms of Service, as well as any additional Terms of Service applicable to you. The current Yahoo! Terms of Service may be reviewed at: http://docs.yahoo.com/info/terms. Pursuant to Section 6 of the Terms of Service, Member Conduct, you agree not to use Yahoo! services to “upload, post, email, transmit or otherwise make available any Content that infringes any patent, trademark, trade secret, copyright or other proprietary rights (“Rights”) of any party.

As you know, Yahoo! may terminate any and/or all services and accounts without notice. This notice is provided to you as a courtesy. Without waiving or limiting any rights or remedies Yahoo! has or may have, you are hereby advised that our receipt of another notification of infringement alleging your unauthorized use of another party’s intellectual property may result in not only the removal of all videos uploaded by you to the Yahoo! Video service, but also the termination of all your Yahoo! services as well as the deactivation of your Yahoo! ID.

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)