ニュース
v-enable

V-Enableの新しい411サービス、人間の交換手の対応を提供

次の記事

Gartner、Vistaの崩壊を予想―Yahooを買収しなければならない本当の理由

サンディエゴに本拠を置く無料411(番号案内)サービスのV-Enableは、TechCrunchが12月の記事で紹介しているが、この4月11日(つまり「411」というシャレ)に、本物の人間によるサービスを加えた新しいサービスをローンチする。

V-EnablesのFreeMobile411(freemobile411.comでもfm411.mobiでもfm411.mobiでもよい)サービスは、従来は携帯電話向けのみだったが、今回、これを拡張、個人名、企業名による検索など標準的機能の411電話番号案内があらゆるモバイル機器向けに無料で提供されることとなった。

1-800-Free-411やGoogleのGoog411との違いは、ユーザーが望めば人間の交換手と話ができるオペレーター援助サービスがつくことだ。

411案内に本物の人間を使うことは、過去に向かって一歩後退したようにも見えるが、ベビーブーム世代など一部のユーザーには喜ばれる差別化のポイントになるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳 Namekawa, U)