sueeasy

SueEasy、いよいよ稼動―集団訴訟に参加して一山当てよう

次の記事

Erepublik、SNS機能を付加したマルチプレイヤー・ゲーム

sueeasy_logo.pngウェブを通して訴訟マニアをけしかけようというSueEasyがとうとうスタートした。救急車を追いかけて案件を探すような弁護士には夢のサービスだ。SueEasy自身の言葉によると「訴訟を提起するのに効率的かつ調和の取れたシステム」が構築されたのだそうだ。

このサイトは、ユーザーが何らかの訴えを起こす(あるいは訴えを検索する)ことを手助けする。仕組みはこうだ。ユーザーは訴えを起こしたい苦情を入力し、あるいは逆に苦情の内容を検索することができる。ユーザーがデータベースを検索して自分も体験した問題がすでに投稿されていたら、将来もし賠償の支払いが行われた場合に備えてそこに参加しておくことができる。こうして次第に参加者を増やしていけば、最後にはこういう訴訟を得意とする一流弁護士の目にとまることが期待できる―という仕組みだ。

以下はローンチ時のSueEasyによる説明。

開発にかなりの時間がかかりましたが、とうとう集団訴訟(Class Action)を支援する完備したシステムを提供することができるようになりました。このサービスでは、被害を受けた人々が案件を検索し、読み、もし自分も被害を受けていたらその案件に登録して参加することができます。また集団訴訟専門の弁護士とリアルタイムで接触できます。ユーザーは集団訴訟となる可能性がある案件について苦情を投稿することができます。他のユーザーは対象となるサービスや製品に関して同様の被害を受けていたら、当初の投稿に自分独自の被害や苦情を追加して参加することができます。これらの機能に加えて、われわれのサイトでは、9つのカテゴリーで優秀な法律専門家の助けを借りて容易に訴訟が起こせる効率的な提訴支援システムを提供しています。メンバー間のメッセージ・システムその他のコミュニケーション手段等、さまざまな役に立つ機能も組み込まれています。このサイトに登録し、われわれの調和の取れた効率的なシステムを利用すれば、誰でもどんな問題についての苦情でも、最短の時間でもっとも優れた法律上の援助が受けられます。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)