FacebookのNews Feedはユーザーが知らないうちに情報を垂れ流している

次の記事

ファウンダーが空腹に耐えかねてMowserはデッドプール行き

Facebookの 「News Feed」というのは奇妙な代物だ。リリースされた当初、ユーザーには「自動ストーカー」呼ばわりされて、評判ははきわめて悪かった。しかし、ユーザーがNews Feedに送りたくない記事を選んでプライバシーをコントロールできることが理解されるにつれて、次第に受け入れられるようになってきた。ユーザーは自分の「mini-feed」に表示される小さい「x」をクリックするだけで、その記事を友達のFeedに表示させないようにできる。

と、多くのユーザーは考えている。しかし残念ながらこれは誤解である。「x」をクリックすると、記事は自分のプロフィールページに表示されなくなるが、友達のNewsFeedには依然として表示されてしまうのだ。Facebookユーザー、デベロッパーの多くが秘密にしておくつもりだった活動をそれと気づかずに友達に公開してしまうという目にあって、この齟齬に対して次第に懸念を募らせている。

トラブルの元は、ユーザーが自分のプロフィールから記事を削除するときに現れる説明ボックスに表示される文言が紛らわしいことだ。 記事の横の「x」をクリックすると、「記事を隠すと、あなたのMini-Feedから削除され、誰も見ることができなくなります」と表示される。この表現では、隠された記事は完全に誰も見ることができなくなったと思うのが普通だ。しかしそうではない。ユーザー自身のプロフィール・ページからは隠されるが、NewsFeedのトップページを通じて、ユーザーの友達は依然としてその記事を読むことができる。

この問題はあるFacebookデベロッパーのフォーラムで今年の1月に最初に取り上げられた。それ以来、この問題に抗議するスレッドバグ・レポートFacebookグループが続々と現れている。あるデベロッパーが作成した(料金を払った)アンケート によると、この「仕様」については85%が「不適当」と回答している。デベロッパー・コミュニティーにはこの問題は(少なくとも)数ヶ月にわたって知られている。しかしいっこうに対処がなされていない。

ある記事を本当に友達の目に触れさせたくない場合には、ユーザーはそれぞれのアプリケーションの「プライバシー設定」ページを開き、そのアプリケーションがNewsFeedに情報を提供する権限を削除しなければならない。あるいは、アプリケーションをインストールするときに、「情報をMini-FeedとNews Feedに公開する」というオプションのチェックを外しておく。しかし、ほとんどのFacebookユーザーは自分のMini-Feedから記事を削除すればNews Feedからも削除されると思い込んでいるため、こういった操作を行わない。

われわれはこの問題についてFacebookの最高プライバシー担当役員のChris Kellyにコメントを求めているところだ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)