ファウンダーが空腹に耐えかねてMowserはデッドプール行き

次の記事

Google Maps + YouTube=地域ビデオでタウンページ

mowser.jpg携帯向けインターネット・サービスのMowserはトラフィック、資金、ファウンダーの食べ物、がすべて欠如したため、閉鎖を余儀なくされることとなった。

元Yahooのモバイル・エバンジェリスト、Russell Beattieが2007年に創立したMowserは携帯版のウェブサイトを提供するサービスだ。ユーザーがMowserで見たいウェブ・ページのアドレスを送ると、携帯向けのページが送り返されてくる仕組みだった。

Beattieによると、今年に入ってサイトにはトラフィックも資金も集まらない状態が続いていたという。Beattieは深刻な金欠に陥ったことをブログに書いている。家賃が払えず、車はローンを滞納したためディーラーに回収され、Mowserからの収入が1日10ドル以下になってしまったため、バターをかけたマカロニで露命をつなぐ日々だったという。

Beattieはモバイル市場全般に嫌気がさしてこう書いているのが注目される。

私はもうモバイル版のウェブの未来に幻想を抱いていない。こんなマーケットはうまくいっても限定的、悪くすればじきに死に絶える。私はそんな望みのない分野には金も手間もかける気がしない。特に100%携帯向けに特化していて、コンピュータによるウェブの世界にまったく地位を築いていないサービスには未来がない。2年前、私は欧米の携帯版ウェブも韓国や日本におけるように急速に発展するものと確信していた。しかし残念ながらそうはなっていない。これからも絶対ならないだろう。

ちなみに、Mowserのトラフィックの80%までもがポルノ関連だった。

Mowser上の開発はすべてがストップする。サービス自体は当面継続されるが、Beattieはユーザーに「近く完全に閉鎖する」旨通告している。MowserはTechCrunch Deadpool入り。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)