Cuillが次世代検索へさらに$25M調達

次の記事

勇気あるVCはどこへ行った

ステルス検索エンジン会社のCuillのことを初めてわれわれが書いたのは昨年9月のことだったが、同社がこのほどシリーズBラウンドで$25M(2500万ドル)を調達した。リードしたのはMadrone Capital Partnersで、Tugboat VenturesとGreylock Partnersが加わった。

Cuillについては、Googleの1/10のコストでウェブをインデクスできるらしい、というほかにはよくわかっていない。この会社は検索のエキスパートたちによって設立され、うち2人はGoogle出身だ。Cuillがローンチする以前から、Google自身がここを買収しようと考えたとも噂されている。

以前われわれは、複数の情報源からCuilがシリーズAラウンドでGreylock Partnersから$4M(400万ドル)調達したと聞いていた。正確にはそうではなく、GreylockとTugboatの両社から計$8M(800万ドル)を調達していた。これでCuillの総資金額は少なくとも$33M(3300万ドル)となり、おそらくさらに$5M(500万ドル)の自己資金がある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)