sezwho

SezWho 2.0、さらに多くのプラットフォームに対応

次の記事

安い?高い? Live Currentがインドのクリケット配信権を$50Mで確保

コメント主の評判を追跡できるブログ専用プラグイン「SezWho」にバージョン2.0が出た。対応するブログ専用プラットフォームとフォーラムがさらに増え、Blogger、Drupal、WordPress 2.5、phpBBでもSezWho導入が可能になった。

SezWhoでは開発者向けにツールキットも公開、サードパーティーの開発者もSezWhoのAPIを使い、ますます多くの掲示板で通用するソフトが作成可能に。これ以外の新機能としては各種“対話ストリーム”のRSSフィード、ログインOpenID対応、クロスプラットフォームで使えるアバター、より大きなCSSフレキシビリティ、匿名の評価レーティングのサポートも加わった。

SezWhoは昨年10月の資金調達で$1M(100万ドル)確保している。ライバルはDisqusJS-KitIntense Debateなど。

[原文へ]

(翻訳:satomi)