Six Apart、広告ネットワークとブログ支援サービスをローンチ

次の記事

Travel Ad Network、シリーズAで$15Mを調達

six-aprt-logo.pngSix apartは、ブログを対象とした広告ネットワークをローンチする。同時にニューヨークのクリエーティブ・エージェンシー、Apperceptiveを買収したことにより、ウェブのデザインと実装、開発、最適化を含むプロフェッショナル・サービスの提供も開始する(金曜の記事で、Six Apartが買収したのはどこかを読者に当ててもらったところ、[コメント#156で] Cameron Barretが見事にこの会社を当てた)。

広告ネットワーク-Six Apart Media

Six Apartは、Federated Media PublishingやGlam、近く参入予定のTechnoratiの広告ネットワークなど、ブロガーと提携して広告ネットワークの拡大を狙う多数のサービスをライバルとして競争していくことになる。

Six Apartは、長い間LiveJournal(それを売却する以前)およびVox上の自社の無料ホスティング・ブログに広告を出してきた。CEOの Chris Aldenによれば、同種のブログをグループ化して大企業へ広告販売する点に関しては豊富な経験を積んできたという。今回は、自社ブログではなく、他のブログと提携して広告を出稿し、収入を分配するという点だけが異なる。Six ApartはAdifyと提携して提携先のブログ運営者ののためにバックエンドの管理基盤システムを提供する。(アカウント、支払い等)。

Six Apartは、すでにブログをグループ化して大手ブランド(HP、MSN、Universalなど)に販売する事業を行ってきたとしている。著名なパブリッシャーを擁していなくては難しい事業だ。Six Apartでは「大衆のための高付加価値広告ネット」を作り上げることを目標としている。現在、FMやGlamのようなサイトは価値の高い広告主を提供しているが、対象はトップサイトのみだ。もしSix Apartがこうした広告主を数百万の小規模ブログに、しかも高い広告料率で提供できるなら、大ヒット疑いなしだ。

ブログはSix Apartのブログ・プラットフォームを利用している必要はない。もし自分のブログに広告を掲載することができさえすれば、誰でもネットワークに加入できる。Six Apart MediaはDavid Tokheimが担当している。

ブログサービス-Six Apart Services

Six Apartはまた、ブログに対する有料のサポート・サービスを開始する。コアとなるサービスは、ニューヨークのApperceptiveのチームが担当する。デザイン、バックエンド開発、検索エンジン最適化、その他のサービスが提供される。これらのサービスは、資金に余裕のある比較的大手のパブリッシャーを対象としているが、広告ネットワークのメンバー・ブログには無料ないし割引価格で提供される。Six Apartは小規模な顧客もないがしろにはせず、すべてのブロガーがマーケティング効果を最大化できるよう支援するコンサルティング・サービスもローンチする。

Six Apart ServicesはMarissa LevinsonとDavid Jacobsが担当している。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)