iGoogleが独自にソーシャルネットワーク化する予兆

次の記事

ペイドクリック試算に基づくcomScoreのGoogle収益予想が外れたのはなぜ?

igoogle-logo.pngGoogleはパーソナライズドしたホームページ、すなわちiGoogleを、長らくソーシャルネットワークアプリケーション進出の足がかりとしてきた。例えばOpenSocial用のアプリケーションを作成するデベロッパーは、アプリケーションをiGoogle上で動作するウィジェット(あるいはガジェット)として作成することができた。つまりiGoogleは、既に「パーソナル」なホームページを超えたものだった。しかしiGoogleは、自身で本格的なソーシャルネットワークを構築する次のステップを踏み出そうとしている。

igoogle-updates-2.pngそれは小さな一歩だが、iGoogleの方向性を示すステップとなるかもしれない。Googleは、デベロッパー向けにsandboxを提供して、iGoogleを使っているだけの人には利用できない、新しいタイプのiGoogleアプリケーションが作成できるようにしている。もっとも重要なのは、ページ上の新たなナビゲーションペインに、アクティブ・ストリーム(動的な情報更新)やフレンドリストを加えることができるようになったことだ。サードパーティーのiGoogleウィジェットの種々の更新情報を更新ペインに反映させることができる(実のところ、これは長らく実現が待たれていた機能だ。アクティブストリームの実装はOpenSocialのプランが語られるたびに触れられてきた)。またより大きな「キャンバス」ページを使って、ページ全体に表示されるウィジェット情報間を行き来することができる。まるでFacebookのような感覚だ。

繰り返しておくが、今のところGoogleは、これらの機能について「全体に向けて」大々的にアナウンスすることはしていない。デベロッパーにこれらの機能を提供して、どのようなものが生まれてくるのかを見ている段階だ。しかし予兆は感じることができるはずだ。

より詳細なiGoogle APIsに関する情報はこちら。新たな機能を解説するビデオも貼っておく。

igoogle-full-screen-small.png

原文へ

(翻訳:Maeda, H)