Wetpaint

Grou.ps―共同作業用ツールをひとまとめに提供

次の記事

ヤフー、いよいよ土壇場の週を迎える

groups_logo.png今や共同作業支援ツールはあらゆる分野で数かぎりなく存在する。ブログ、wiki、フォーラム、ブックマーク、写真、チャット等々。読者の皆さんも友達や同僚と協力するためにこういったツールをすでに使っているのではないかと思う。ただし大きな問題がある。異なったプラットフォームのツールは協調して動作しないのだ。

Grou.psはこの複数アプリの協調動作に関する問題を解決しようとするサービスだ。ユーザーが自分の利用しているあらゆる共同作業ツールをここに登録すると、単一のGrou.psドメイン内から単一のログインで使えるようになる。このシステムはwikis、写真、リンク、ブログ、カレンダー、プロフィール、それに下位グループをサポートする。それぞれの機能はユーザーの属するコミュニティーの全員が利用できるプラグ&プレイのウィジェットとして提供される。これらのモジュールにユーザーは他のサードパーティーのサービス(flickr、Digg、ブログ、その他さまざまなサービスが下の画像内にリストされている)からデータを取り込むことができる。それぞれのモジュールはナビゲーション・バーの新しいタブとして表示され、タブを開くことで機能を利用できる。この例のグループは世界の化学者のネットワークを目指している。


goups.png

アメリカでは今日(米国時間4/22)べータ版がローンチされているが、国際的jにみると、Grou.psにはすでに15万のメンバーと1万のグループがある。(チリとトルコで特に人気が高い)。Grou.psはGoldenHorn Venturesに支援されている。

共同作業ツールのインテグレーションに取り組んでいるサービスは他に数多い。NingWetpaintは、フォーラムとさまざまな形式のメディアを統合することに成功している。GoogleとZohoはそれぞれ極めて強力な共同作業ツールをすでにリリースしている。単一のログインでチャット、eメール、プレゼン、文書、wikiその他多くの機能が利用できる。

しかしGrou.psはNingやWetpaintと同じくらいシンプルで操作性に優れている上に GoogleやZohoのように生産性アプリの機能も提供する。オンライン上で管理人を置いて共同作業を行うのに便利なツールだ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)