WidgetboxがiPhone用新ウィジェットギャラリー公開

次の記事

DigitalJournal、市民ジャーナリストと収益シェア

WidgetboxがiPhone画面用に作り直したウィジェットの特別ギャラリーを公開して、iPhone人気の時流に乗ろうとしている。

スタート時のウィジェットは16種類で、スティーブ・ジョブズの秘密日記やサンフランシスコ周辺の地下鉄案内「BART QuickPlanne」などが含まれている。開発者向けに、iPhone対応ウィジェットを作ってギャラリーに載せるための チュートリアルも提供されている。

ジョブズはどの通常のサイトもiPhoneでちゃんと動くと強く言っているが、iPhone専用ページがあるに越したことはない。画面を指でズームしたり戻したりするのは面倒になってくる。新しいギャラリーは特によくできていて、出先でちょっと情報を見たいというモバイルユーザーのために、ウィジェットはすぐに使えるように作られている。気に入ったウィジェットが見つかったら、簡単にアクセスできるようにホーム画面に置くこともできる。
 
他にAppleにも、iPhone対応ウェブアプリのギャラリーがある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)