SFO media
CondeNet

CondeNet、旅行ブログを2つ買収してConcierge.comのテコ入れを図る

次の記事

オンラインデート業界はニッチが花盛り、メインは不振

hotelchatter-logo.pngGoogle、Yahoo、Microsoftがテクノロジーやビジネス上のニッチを埋めるべく、しばしばスタートアップを買収しているが、メディア企業もコンテンツ面で同様の戦略を取り始めたのかもしれない。今日(米国時間4/24)、CondeNet (雑誌出版社のConde Nastグループのデジタル事業部)はJauntedHotelChatterの2つの旅行ブログを運営するSFO Mediaを買収した。Jauntedは旅行ガイドで、HotelChatterはホテルのレビュー・ブログだ。

jaunted-logo.png買収額は明らかにされていないが、SFO Mediaのファウンダー、Mark Johnsonは、基本的に、引き続きサイトの運営を続けるべく雇用された。これらはConcierge.com事業に配属されるが、当面独立のサイトとして運営される。

Concierge.comにはかっこうのテコ入れとなるだろう。Concierge.comの世界でのユニーク訪問者は(下の表の青線 )、昨年ピークの200万から今年の3月に70万へとドロップしている。(comScore)。(落ち込みの理由の一部には旅行特有の季節要因もあるだろう)。一方、Jaunted (赤)とHotelChatter(緑)の世界のトラフィックの3月の合計は、87万5千ユニーク訪問者だった。そこそこ成功した2つのブログの広告セールスはConcierge.comの広告担当が売った広告の2倍近くなっている。

conciergejauntedhotel-chart.png

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)