scribd
docstoc

Docstoc―エンベッドできるFlash文書に、さらに$3.25M

次の記事

Wigixはネット売買に秩序をもたらす

プロフェッショナルな文書のリポジトリとコミュニティを提供しているDocstocは、シリーズBのラウンドで$3.25M(325万ドル)を調達した。このラウンドはRustic Canyon Partnersがリードしており、これで合計$4M(400万ドル)を調達したことになる。

Docstocは、表やテンプレート、その他様々な素材を管理するプロフェッショナル向けドキュメントのリポジトリ。Flashベースのビューワを様々なページにエンベッドできるので、AcrobatやWordなどの特別なリーダがなくても外部のサイトで閲覧することができる。

この会社は、Content Partnership Program (CPP)というプログラムを導入しており、コンテンツの提供者はドキュメント内に自由に広告を掲載し、そこで生まれる広告料金をすべて得ることができる。このプログラムへの参加は無料だが、申請者は品質について一定の審査が必要となる。DocstocのCEO、Jason Nazarによれば、このプログラムは、品質の高いなコンテンツの量を増やすとともに価値あるパートナーとの絆を強くすることを目的としているという。

Docstocは、Scott Walchek、Brett Brewer、Matt Coffin、Robin RichardsおよびCrosscut Venturesが参加した昨年11月のシリーズAのファンディングで$750k(75万ドル)を調達している。彼らの主要なライバルは、2007年3月にローンチしたScribdで、これも同様のエンベッド型ドキュメントビューワと大規模なコンテンツのコレクションを特長としている。Scribdはこれまでに$4M(4)を調達している。


Docstoc Series B Funding Press Release – Get more documents

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)