特報:Facebookが49州と子どもの安全・プライバシー保護規制導入で合意

次の記事

Facebookのメールに検索機能が加わった

fbdanger.jpg
交渉に詳しいソース複数から入った情報によると、コネチカット州Richard Blumenthal検事総長が本日(米国時間5/8)間もなく東海岸時間正午から他48州の検事総長と共にFacebookと進めてきた安全・プライバシー保護のための新規制導入交渉が合意に達した旨、発表を行うようだ。Facebookも本日中には発表を予定している。

これは1月にMySpaceと49州が結んだ包括的合意に続くもの。どちらも契約保留は俗称“ローンスター(ひとつ星)”のテキサス1州のみだ。対MySpace交渉の取りまとめは、Blumenthal検事総長がRoy Cooperノースカロライナ州検事総長と共同で会長を務める連合が行った。その紹介記事に僕はこう書いた。:

今日(米国時間1/14)MySpaceとほぼ全州の検事総長との間で取り交わされた性的犯罪者対策強化についての合意が、他のソーシャルネットワークに波及効果を及ぼすことは間違いない。この領域で遅れを取ったと思われていいソーシャルネットワークなど存在しない。突如として現われたこの業界水準に追いつくためには、どんなことでもするはずだ。

今回Facebookが新たに発表する「ソーシャルネットワーキングの安全主要原則(Key Principles Of Social Networking Safety)」には、捜査当局への協力、若年利用者保護技術の導入、全利用者対象の安全ツール追加投入、教育・安全情報の提供などが盛り込まれている。さらにFacebookはMySpaceと並んで「Internet Safety Task Force」にも加わる。

これ以外にリソースが強化されそうな領域としては、画像・動画・グループの自主審査、年齢制限の徹底改善、性犯罪者登録データベースにリンクし性的加害者を迅速にFacebook会員登録から除名することなどが挙げられる。FacebookとMySpaceから参加を得たことで、検事総長(AG)一同は今後、他のソーシャルネットワークにも同様に遵守徹底を呼びかける運びとなる。

Facebookにとっては、飲み下すのがやっとのデカい錠剤だったに違いない。性犯罪者がソーシャルネットワークを闊歩する現実的懸念がある中、この領域で遅れを取るように見えては世間体が悪い。が、また一方では、ルール準拠にかかるコストが馬鹿にならないことも疑問の余地がない。

この規制はFacebook利用者だけでなく全アプリ開発者にも適用となる。Facebookでは未成年のユーザーが見知らぬ成人に個人情報を引渡そうとしたり、危険に晒された場合、自動表示される警告メッセージを作るとともに、ユーザーが容易に表示年齢を18歳未満に変更できないよう制限も加えるようだ。

Facebookが自主的に遵守に合意した内容を並べておこう。:

• いわゆる“ウィジェット”やアプリなど各種サービスを提供する企業には以下のFacebook安全・プライバシー保護ガイドラインの導入・実施を義務付けることとする。;

• ユーザーが出した年齢変更リクエストを審査・精査する。プロフィール掲載年齢の変更リクエストはログを保存し、Facebookでは18歳以上・以下のラインをまたぐ変更リクエストの承認は1回のみとする。

• ポルノサイトのリストを保管し、常時更新する。かかるサイトへのリンクは定期的に切る(リンク切れにする)。

• 近親相姦・小児性愛・ネットのいじめ・その他サイト利用規約に違反する行為を働くグループを削除し、これらの規約に違反した個人はサイト追放処分にする努力を強化する。

• 不適切な画像・コンテンツは有無を言わせず削除する。;

• 安全対策のコツをもっと目立つよう表示する。;

• 18歳未満のユーザーには利用登録の際、Facebookの安全対策のコツを読んだことを確認するよう義務付ける。

report-abuse.png• (幼児)虐待の通報モデルを定期的に見直し、ニュージャージー州検事総長の虐待通報アイコンを使ったテストも行う。

• 18歳以上のユーザーが18歳未満のユーザーを探せないようにするなど、重要な部分については検索に制限を加える。

• 酒・煙草など年齢制限のかかった特定商品の広告については、かかる商品が購入できる年齢に達したユーザーだけに表示を制限する。

• 性犯罪者データベース登録者は全員プロフィールを特定し、削除する。

• 見知らぬ成人に個人情報を渡す危険にさらされた子どもには自動警告メッセージを送る。

• 広範囲に渡るプライバシーコントロールを提供し、ユーザーが自プロフィールへのアクセスをブロックし、友だち以外のユーザーに見られないよう情報を制限できるようにし、別のユーザーからの接触を防ぐ。

• 親に、未成年の子どものプロフィールをサイトから削除できるツールを提供する。

リリース全文(英語)は以下に畳んでおこう。

CT ATTORNEY GENERAL ANNOUNCES NATIONWIDE AGREEMENT
WITH FACEBOOK TO MAKE SITE SAFER FOR UNDERAGE USERS

Attorney General Richard Blumenthal announced today that Facebook has
agreed to make changes to better protect children from predators and
inappropriate content and to participate in a task force on implementation of age
and identity verification software.

The agreement was reached with 49 states and the District of Columbia that
are members of a coalition co-chaired by Blumenthal and Attorney General Roy
Cooper of North Carolina.

Since 2006, Blumenthal and Cooper have led negotiations with MySpace
and Facebook as co-chairs of a working group of state attorneys general seeking
to make social networking safer. The multistate group’s Executive Committee
also includes Georgia, Idaho, Massachusetts, Mississippi, New Hampshire, Ohio,
Pennsylvania, Virginia and the District of Columbia.

Today’s Facebook agreement is similar to one that MySpace reached in
January with 49 states and the District of Columbia. MySpace agreed to more
than 60 specific safety measures and to head a task force, which Facebook has
joined, to explore and develop age and identity identification tools for social
networking sites.

“This agreement marks another milestone step for social networking safety
— protecting kids from online predators and pornography,” Blumenthal said. “We
are raising the safety bar, first for MySpace and now Facebook, and soon for
other sites as we fight for an industry gold standard. Facebook and MySpace are
showing how to aim higher and keep kids safer. Our ultimate goal is age and
identity verification technology — safeguards against child molesters and
inappropriate material. Checking ages and identities is vital to better shielding
underage users from predators and pornography.

“Our powerful national multistate coalition will continue fighting to stop
predators and pornography on these sites. The sites must recognize their responsibility. This agreement is open-ended — envisioning advances in
technology that enable even stronger safety steps.

“We appreciate Facebook’s cooperation throughout.”

Under the agreement, Facebook will:

• Require companies offering services — called “widgets” or
applications — to implement and enforce Facebook’s safety and
privacy guidelines;
• Review and scrutinize requests by a user to change his or her
age. Requests to change profile ages will be logged, and
Facebook will grant only a single request to change an age above
or below 18.
• Maintain and continuously update a list of pornographic websites
and regularly sever any links to such sites;
• Increase efforts to remove groups for incest, pedophilia,
cyberbullying and other violations of the site’s terms of services
and expel from the site individual violators of those terms,
• Aggressively remove inappropriate images and content;
• More prominently display safety tips;
• Require users under 18 to affirm they have read Facebook’s
safety tips when they sign up;
• Regularly review models for abuse reporting and perform a test
using the New Jersey Attorney General’s abuse reporting icon.
• Restricting searches by over-18 users so they cannot seek under-
18 users, along with other significant limits on searches;
• Limiting certain ads for age-restricted products — such as alcohol
and tobacco — to users old enough to purchase such items;
• Identifying and removing profiles of all registered sex offenders;
• Sending automatic warning messages when a child is in danger
of providing personal information to an unknown adult;
• Providing extensive privacy controls allowing the user to block
access to their profile, restrict information available to users not
their friends and prevent another user from contacting them;
• Providing parents with tools to remove their underage child’s
profile from the site.

Some of these measures have already been implemented by Facebook and
are formalized by this agreement.

[原文へ]

(翻訳:satomi)