inquisitor

ヤフー、Safari対応検索プラグイン「Inquisitor」を買収

次の記事

TimeTube: これはYouTubeが開発すべきタイムラインだ

ヤフーがSafari対応検索プラグイン「Inquisitor」を買収した。これは”ウェブ対応のSpotlight”の異名をとる製品で、このプラグインを導入するとタイプ入力する端からリアルタイムでおすすめリンクとブックマークが出てきて、ブラウザに標準搭載の検索エンジンがいっそう使い良くなる。

ヤフーは既にソフトに最小限の変更を行っている。プラグインに統合化されたAffiliate Linksは一部反発が出て削除されたが、今はデフォルトの検索エンジンがYahoo!に変わっている。ただしユーザーは他のエンジンも自由に選べる。

デベロッパーのDavid Watanabeブログ)はマック対応の人気アプリを数多く生み出してきた人で、RSSリーダー「NewsFire」、P2Pクライアント「Acquisition」なども彼が手掛けたものだ。 買収後もInquisitor担当として働くが、Yahoo!には社員として加わらない。

詳細はYahoo! Blogでご覧いただける。因みにTechCrunch OBのDuncan Rileyのブログ「The Inquisitr」とは(名前は似てるが)全く無関係だよ。念のため。

[原文へ]

(翻訳:satomi)