ニュース
DEADPOOL
Cambrian House

クラウドソーシングが失敗したとき:Cambrian Houseがデッドプールへ

次の記事

新たな画像検索エンジンPicitupにはお遊びの整理も必要だ

cambrian-house-logo.png

クラウドソーシングは理論的には良さそうな話だ。ウェブ中の賢くてやる気のある人たちを集めて新しい製品やビジネスを作る。しかし、現実にうまくやり逐げるのはそう簡単な話ではない。クラウドソーシングの流れの中、初の大きな犠牲者になりそうなのがCambrian Houseだ。カナダのカルガリーを拠点に、ウェブサイトやソフトウェア製品の新アイディアを作るクラウドを組織しようとするスタートアップだ。われわれが把んだ情報によると、同社は新しい資金調達ラウンドに失敗した後、自社の知的財産や資産、ウェブサイト(売った後にコミュニティが残ればそれも)を、Spencer Traskに叩き売るべく交渉中だという。Spencer Traskは、かつてトーマス・エジソンを支援したという、ニューヨークの旧資産家系ベンチャー投資企業。

契約は資産買収の形になるが、これは当初新規出資という話だったものがジョイントベンチャーや企業買収などさまざまなステージを経た結果だという。Spencer Traskがよく見れば見るほど提示内容が縮小されていった。大筋でSpencer Traskは、Cambrian Houseのプラットホームとその上のコミュニティーを、出資者らが同社に注ぎ込んだ$7.75M(775万ドル)のほんのわずかの割合の金額で購入する。正確な数字はまだ確認していないが、ある情報筋は$1M(100万ドル)以下と推測している。Spencer Traskはこの資産をVenCorpsに注入する計画で、これはCambrian Houseで進行中のプロジェクトで、クラウドソーシングをベンチャーキャピタルに応用しようというものだ。カナダの「ベンチャーコンサルタント」Sean Wiseが、VenCorpsを率いるほか、Cambrian Houseに残ったもの全てをみる(予定)。連絡をとったCambrian House広報担当者によると、売却は完了しており、サイトは3か月以内に「消滅」するとのこと。ここにCambrian Houseをデッドプール入りとする。

これまでにCambrian Houseのサイトでは6935のアイディアが創出されてきた。継続すべき価値があるものもあるのだろうか…おそらくは。VenCorps以外にも、Cambrian House自身が、いくつかうまくいっているプロジェクトを継続させる予定で、戦闘機ゲームのGwabs、独立系映画出資サービスのFilmRiot、Diggライクのチャリティー事業Greedy or Needy、バーチャルギフト包装アプリPrezzleなどがある。同社はソースコードの権利も留保し、KnottleというアプリケーションとCharordixというプラットホームの形で他社にライセンスしようとしているが、いずれもまだ公開されていない。多くのアイディアが、Cambrian House自身の出資に支えられるまで、うまく回らなかった。ここからも、繋がりのない群衆から出たいいアイディアから、本格的な製品が生まれることなど果してあるのだろうかという疑問が湧く。

慈悲深く言うなら、Cambrian Houseは運営に失敗し、Spencer Traskは自分ならもっとうまくできると考えたのだろう。が、ベンチャーキャピタルのクラウドソーシングって? まともなウェブアプリも作れなかったクラウドが、ベテランの本職よりもうまく何百万ドルも集められる可能性が高いとはとても言えない。

Cambrian Houseに迫り来る終焉は、この新生クラウドソーシング業界に早期参入せんとするKlusterCrowdSpiritCrowdSpringFellowForceらのスタートアップにとってもいい教訓だろう。いずれの会社も独自のアプローチをとっており、正解を見つけるためには実験が必要だ。

Cambrian Houseの失敗が、他社の挑戦の妨げになることはないようだ。たとえばKlusterは、もっと構造的なアプローチをとっていて、プロジェクトを扱いやすい期間に分け、インセンティブについても少し違うことをじっくり考えてきた。また、CrowdSPRINGは、ウェブサイトとマーケティング資料のデザインに的を絞っており、明日(米国時間5/13)自社サイトデザインの賞金$5,000のコンテストの勝者を選んだ後、サイトを正式公開する。

生き残るものもあれば、そうでないものもあるだろう。鍵は、アクティブな参加者による適切なコミュニティを形成し、参加しやすい報酬体系にすること。それとも、クラウドソーシングは、そもそもうまくないアイディアでこのまま葬り去るべきなのだろうか。

vencorps-small.png

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)