ニュース
wesabe
Strands
mint

Strands、また一つ、個人財務サービスを買収

次の記事

Backboard―文書と画像へ簡単にフィードバックが収集できるサービス

StrandsMintに対抗するmoneyStrandsサービスの拡充のために2回目の買収を行った。 moneyStrandsは音楽サービスのために開発されたレコメンデーション・エンジンを利用した個人財務サービスだ。

2週間と少し前に、StrandsはExpensrを買収しているが、今回、NetworthIQの買収を発表した。どちらも個人の財務管理のためのアプリケーションで、Strandsとしてはこれら2社の技術もさることながら、主として人材が欲しかったものと思われる。買収の条件はどちらも明らかにされていない。

メディアはまだmoneyStrandsについてあまり取り上げていないが、開発は昨年12月から続けられている。Strandsがレコメンデーション技術を精力的に他分野に適用しようとする試みの一つだ。

ただし、問題のテクノロジーをどのように個人財務という新しい分野に応用しようとしているのか、正確なところは明らかではない。Strandsのコア・テクノロジーはターゲットの行動情報を分析して適切な推薦を行うというもの。音楽への応用はよくわかる。ユーザーが複数の曲を頻繁に聞いている場合、Strandsは曲が聞かれるパターンを分析してユーザーの好みを知ることができる。

おそらく、消費者の一連の購入行動を分析し、さらに有利な購入が可能であればそれを推薦するというような形で個人財務分野にこのテクノロジーを応用しようとしているのだろう。この分析は対象ユーザーの購入行動だけでなく、他のユーザーの同様の行動も分析に利用するのだろうと思われる。

カスタマイズされた詳しい推薦の他に、Strandsは携帯アクセスやウィジェットとの連携の強化で、他の有力ライバル、MintやWesabeとの差別化を図っている。

Strandsは買収したNetworthIQの今後についてまだ発表していないが、チームがmoneyStrandsの開発に専念するようになれば閉鎖されることになると見てまちがいなさそうだ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)