ニュース
Yahoo
Microsoft / マイクロソフト(企業)

ヤフー、マイクロソフトが交渉再開

次の記事

Facebookの「ソーシャル・データ」はすでに馬小屋から野原に逃げ出してしまった

マイクロソフトとヤフーが交渉を再開した。今日(米国時間5/18)マイクロソフトが発表した。プレス発表文で同社は以下のように語っている。

マイクロソフトはヤフー社買収提案取り下げ後の進展に照らし、オンラインサービスおよび広告事業の改善、拡大に向けて可能な選択肢の追求を続けていると発表した。マイクロソフトはヤフーの完全買収以外の取引きの可能性を検討し、同社にこれを提案した。現段階でマイクロソフトはヤフー社の完全買収に関して新たな提案はしていないが、今後考えられるヤフー社との展開および話し合い、ヤフー、マイクロソフト両社の株主その他第三者との話し合いの結果如何では、この選択肢を再考する権利も留保する。ただしこれらの話し合いの結果何らかの取引きが生じる保証はない。

これは明らかに、カール・アイカーン氏による、ヤフー取締役会を入替えて同社を交渉の席に戻そうという企てと、ヤフーが検索でグーグルと手を組むのではという憶測が絶えないことを受けてのことだ。

現段階では交渉の中心は「ヤフー社との完全買収以外の取引き」。たとえば、検索資源を溜め込んでグーグルを排除するなどが考えられる。そしてもちろん、一旦交渉の席に着いてしまえばいつでも完全買収は起こり得る。発表文の最後でマイクロソフトが、今ヤフーを支配しようという相手であれば、およそ誰とでも交渉するつもりがあることを示唆している点を、私は指摘しておきたい、「ヤフー社との話し合い、ヤフー、マイクロソフト両社の株主その他第三者との話し合い」

これでこの買収劇は再開先日作ったロゴもひとまずお蔵入りだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)