FriendFeed、新機能「Rooms」をローンチ

次の記事

Tokoni:元eBayと元Skype役員による「お話」共有サイト

今日(米国時間5/22)の午後、活動ストリームのアグレゲータ、FriendFeedが「FriendFeed Rooms」という新しい機能をローンチした。これは実質的にはトピックをテーマにしたアカウントで、誰でも自由に作り、(プライバシーの設定が許せば)参加することができる。ユーザーはテーマに関連あるリンク、メッセージを追加していくことができる。

新しい「Rooms」と通常のFriendFeedアカウントの差は、Roomsの方は複数のユーザーが共同で利用でき、サードパーティーのフィードも取り込める点にある。

FriendFeedへのトラフィックは着実に増えている。Twitterとはある種ライバル関係になるので、Twitterがいつもダウンしているのも成長の原因の一つに違いない。、FriendFeedの信奉者も増えているが、。私は私自身はまだそうなっていない。大きな理由は、サードパーティーのサービスが私に関する情報を一元化して収集しながら、そのデータをサービスの外に自由に持ち出させないという点にある。この点についてのは私の不満は、「FriendFeed、個人の集中化、データポータビリティー 」に詳しく書いておいた。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)