Grockit

Grockit、謎の学習ゲームに$8Mの追加資金を調達

次の記事

Twitterの開発者のくせにそりゃないだろ

Grockitについて知られていることは多くない―オンライン学習のための新しい方法を開発中であること、それに昨年中ステルス・モードで開発を行っていたことくらいだ。だが、同社は、その中身がなんであれ、明らかに投資家に感銘を与えているようだ。Grockitは、Integral Capital、Benchmark Capital から、シリーズBのラウンドで$8M(800万ドル)を調達し、現在までの資金調達の総額は$10.7M(1070万ドル)にも達している。まだ内容が発表もされていないサービスにしては印象的な額だ。

Grockit のプレス・リリースによれば、Grockitとは相互に助け合って学習する目的で多数のユーザーがアクセスできる「MMOLG(多人数マルチプレイヤー・オンライン教育ゲーム)」だそうだ。同社は今秋サービスをリリースすることを計画している。

Grockitは当初は、KaplanやThe Princeton Reviewなどをライバルとするオンライン受験教育サイトとして2006年11月にローンチした。2007年7月に同社はオンライン受験教育サイトというアイデアを捨てて現行計画に乗り換えたことを発表し、Benchmarkがリードし、エンジェル投資家が加わったシリーズAラウンドで$2.7M (270万ドル)を調達した。

同社のファウンダーは、受験教育界で多年教えてきたFarbood Nivi、経験豊富なRailsのデベロッパー、Michael Buffington。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)