Google、企業向けサイト内検索サービスをローンチ―Miniは結局存続へ

次の記事

Facebook:アプリケーションはインストールするためにあらず

Googleは企業の運営するウェブサイトやファイアウォールの内側に置かれたデータを索引づけするために、現在ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたカスタム検索ソルーションのGoogle Miniを提供中だが、2週間ほど前、われわれはGoogle Miniがサーバにホストされた新しいサービスで代替されるという噂を紹介した。

その後判明したところでは、この噂は半分だけ正しかった。GoogleにはMiniを廃止する予定はないが、 同時に、Google Site Searchと呼ばれる新しい検索サービスがローンチされる。これは基本的には現在の「Google Custom Search Business Edition」の改良、強化版だ。

「Google Site Search」は自社ウェブサイト内にGoogleの検索機能を設置したい企業向けサービスだ。従来のCustom Searchに比べて、重要な改良点が3つある。同義語検索、結果表示順位の調整、そして「クローラーが発見しにくいコンテンツ(dark web content)」の検索、という3つの機能が新たに提供された。

もしあるサイト内で独自の頭文字、略称、一般的な使われ方と異なる特殊な語義などが使われている場合、サイト運営者はGoogleサーバに「同義語リスト」をアップロードすることができる。訪問者がこのサイト内を検索する場合に、Googleはこのリストを利用する。

(TechCrunchのような)ニュースサイトの場合、記事は新しいものほど価値が高くなる傾向がある。そういった場合に、記事の公開日付に重みづけすることにより、新しい記事が検索結果のトップに表示されるようにすることができる。同様に、オンラインのeコマース・サイトやプロモーション目的でコンテンツを提供しているサイトなどの場合、運営者が重視するコンテンツを優先的に表示させることができる。(オンライン通販サイトの場合、訪問者に購入してもらいたい商品に関するページが優先的に表示されるようにする、など)。

Googleはクローラーでサイトを巡回して情報を収集し、検索結果の表示の順位づけをしている。しかし、標準的なクローラーが見逃しがちなエリア(たとえばフォームの陰に隠れていたり複雑なデータベース検索によってのみアクセスされるような領域)に重要な情報が含まれている場合、Google Site Searchのユーザーはカスタマイズされたサイトマップをアップロードして、クローラーを誘導することができる。

多くのユーザーにとってGoogle Site Searchの機能でいちばん魅力的なのは、検索ページのルック&フィールをサイトのデザインに合わせてカスタマイズできる点かもしれない。これは必ずしも初めて登場した機能ではない(BusinessEditionにも存在した)が、 従来なぜか見落とされがちだった。今回Site Searchを導入するユーザーはWYSIWYGエディタで検索ページを自由にデザインできるし、XMLファイルでページの表示を直接コントロールすることによってどんな見た目でも設定することができる。(この場合、ユーザーの検索結果ページにGoogleブランドを表示することさえ必要とされない)。

一方、企業ネットワークのファイアウォールの内側に存在するデータの検索に関してはGoogle Miniが依然、健在で、最近バージョンアップもされている。Googleでは今後、Miniの利用はファイアウォール内部の(つまり、ウェブに一般公開されていない)データ検索に限定して利用される傾向が強まるものと期待しているようだ。新しくGoogleSite Searchが提供された以上、 インターネットに公開されたウェブ・ページに関してはMiniを使う理由に乏しい。

Googleは将来企業の機密データまでも索引づけするうようなサービスを提供するようになるかと尋ねられて、担当者は「現在はまただ何か発表する段階にないが、将来はそうできるようになるとよいと希望している」と述べている。Googleドキュメントその他、Googleのコラボレーション・ツールの普及を見ると、企業も次第に社内データをインターネットのクラウド上にアップすることへの抵抗を減じているようだが、社内データを何もかもGoogleに預けるという決心をするところまでは至っていないかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)