GoogleのPanoramioがPhotosynthに似たフライスルーサービスを開始

次の記事

Facebookのデザイン変更で消えゆくもの:「ネットワーク」ページがなくなる

MicrosoftのPhotosynthは、間違いなく素晴らしい出来だ。投稿された何千もの写真をつなぎ合わせた仮想3D空間を「歩き回る」ことができる。但し残念なことに、このような楽しみは本日までWindowsユーザ限定のものだった。

ここで2007年5月にGoogleが取得したスペインの写真サイトであるPanoramioにご登場願おう。Panoramioは新たな「見回す」ことのできるサービスを提供し始めた。これはPhotosynthをトーンダウンしたものにも見えるが、見応えは十分にある。またFlashでできているので、Macでも動作するようだ。

Panoramidでは、多く撮影されている場所(ほとんどはランドマークや街中のもの)の写真を集めてウォークスルーアルバムを作り上げている。サービス開始時点でエンパイアステートビルの屋上からの風景や、シドニーのオペラハウス、それにタージマハルの風景を楽しむことができる。

また、好きな場所の写真を10枚ないし20枚程度撮影して、オリジナルで「見回す」シーンを作成することもできる。Panoramioは2週間毎に登録された写真をインデックス化し、一致する写真を検索する。

詳細な情報と、現在閲覧可能な地域についてはFrank Taylorのブログと、下に貼ったビデオを見て欲しい。



原文へ

(翻訳:Maeda, H)