バーチャル通貨市場のSparterが閉鎖

次の記事

GoogleのPanoramioがPhotosynthに似たフライスルーサービスを開始

どうやらphatlootz[*]を手に入れるのは大変になりそうだ。昨年開業したバーチャル通貨オンライン市場のSparterが事実上閉鎖された。同社の告知によると新規の購入はすでに中止されているが、進行中の取引は完了されるという。
【* 訳注:ゲーム通貨の一種】

このサイトはBessemer Venture Parntersが出資している会社で、ゲーマーがゲーム通貨を他のプレーヤーにリアル世界のお金で売ることができる。対象となるゲームにはWorld of Warcraft、Eve、Everquestなどがある。この手のトレードは、大規模マルチプレーヤーゲームの登場以来インターネットでは当たり前になっているが、常に議論の的にもなっている。eBayでは2007年初めに禁止されている。この種の取引は、ほぼすべてのオンラインゲームの利用規約に違反するうえに、多くのプレーヤーがこれを不誠実な行為でゲームの経済を破壊すると考えている。

ところで閉鎖のきっかけは何だったのだろう。ゲームデベロッパーたちの圧力によって畳むことになったのはほぼ間違いないが、バーチャル通貨の発行者がいくらでもいる中で、十分な手応えを得られなかったことも原因かもしれない。同サイトは将来再度立ち上げる可能性がまだあることを匂わせて、こう言っている。

「ゆくゆくは、ゲームデベロッパーとパブリッシャーの全面サポートを得た市場を提供することにビジネスを集中することが最善だと考えています。」

とりあえずSparterにはデッドプール入りしてもらう。ゲーマーたちはライバルのIGEなどに行って、まだ楽をすることができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)