SlideがやるならRockYouもやり返す「一発は一発」の攻防

次の記事

Sense Networks、隠密行動から姿を現し位置情報追跡を使って「みんなはどこ?」に答える

1月にSlideは収益を得始める前のスタートアップとしては、かなり大きな資金調達をやり遂げた。$50M(5千万ドル)を集めて評価額を5億ドルとした。これは、悪くない。

これを受けて、同種のサービスを提供するRockYouも巨額のラウンドを行うだろうと聞いても誰も驚きはしなかった。そしてその期待通り、RockYouは本日(米国時間6/9)、DCMが主導する$35M(3500万ドル)のシリーズCラウンドを発表した。Sequoia Capital、Lightspeed Ventures、およびFirst Round Capitalなど前回の投資家たちは参加していない様子。RockYouはここ2回のラウンドで$16.5M(1650万ドル)を集め、総額を$51.5M(5150万ドル)とした。

RockYouは、Facebook上でSlideに続いて2番目に人気のあるアプリケーション作成会社だ。同社のウィジェットはウェブ上で月間8750万の人に閲覧されているとのこと(Slideは6370万)。同社はOpenSocialのアプリケーションも提供しており、これは1000万のインストール実績を持つという。RockYouはウィジェット上に表示されるソーシャルネットワーク用広告を販売している。月間27億のページビューを誇り、広告媒体として魅力的な存在だ。

あとは、閲覧する人々にどうしたらもっとクリックしてもらうことができるかに焦点を絞っていくことだ。

同種サービスを提供するこの両者間の緊張状態は、かなり派手なやりあいともなっている。Sarah Lacyは著書の中で、一方が新たなアプリケーションを開発したときに、もう一方が数時間で追随するやり方について触れている。

SlideとRockYou間の争いは、双方でことを大きくし、他方のプロダクトを略奪しようとする非常に厄介なものとなっている。眼前の敵はSlideに(取りあえず現在のところ)RockYouを叩きのめすことに集中させることになった。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)