アップルWWDC基調講演ライブ

次の記事

BlogTalkRadio、VoIPでリスナーが参加できる「Ask The Host」機能をローンチ

Update: 詳くは関連エントリもご参照ください。:


今は大体8 am PDT(米国時間6/9太平洋時間)。モスコーネウェストに到着した。スティーブ・ジョブズ基調講演10am開始まであと2時間。 次の数時間は登録受付け台の混乱をライブでお伝えし、写真を撮りまくって、その辺の専門家に発表予想を手当たり次第インタビューして回ろうと思う。

で、10 AMになったら全部畳んで講堂に突進、邪魔者には所かまわず肘鉄食らわせながら一番いい席取って読者の皆さまのためにありとあらゆるリッチメディアをお届けしよう。イベントは私と、あとCrunchGearのMatt Hickeyもこの会場からライブブログの予定だ。撮影係はMark Hendrickson。光学ズームばっちりの新品のカメラ調達したので、スティーブのセーターのゲージ目までカウントできるね。- そちらの写真も講演中ずっと更新していこう。

人の配置はテキトーだが、オフィスにはインターンの軍団も控えていて万事つつがなく進むよう進行とイベントの後始末までやってくれる。 本当の楽しみはそれからで、会場で見たものを自分なりに解釈してお伝えしたいと思ってる。

iPhone SDKイベントのライブブログもご参考に。

新iPhone 3Gの画像です:




11:50 AM: 以上で基調講演終了。

11:48 AM: 新iPhoneのコマーシャルを披露している。7月11日世界22ヶ国で発売。

11:47 AM:発売日は7月11日。世界共通で価格は$199がマックス

11:46 AM: ローエンドの3G iphoneは$199、16gbは$299。  16GBのバージョンにはホワイトの新色も。価格はこれで$399から一挙に$199まで下がった。

11:43 AM: アジアは中国以外スカスカ。 70ヶ国というのは今後数ヶ月で展開する国のことね。今すぐじゃなく。

11:42 AM: 世界地図が出た。「Its A Small World」の曲を流しながら、iPhoneが使える国を全部見せている。新型iPhoneは世界70カ国で買える!!

11:41 AM: アップルのゴール: 今日は新たに6カ国。 iPhone 3Gは12ヶ国、次の数ヶ月内にあと25ヶ国を加えたい。


11:40 AM: GPS内蔵。ロケーションサービスは大きな一歩だ。携帯タワーからデータを受信するWiFiロケーション探知に、今度はGPSも加わった(素晴らしい!)。

11:39 AM: メールのダウンロードは3.6倍速い。新バッテリー寿命はスタンドバイで300時間、2G通話で10時間、3G通話で5時間、ブラウジング利用で5-6時間、動画は7時間、音声は24時間。

11:38 AM:「すごく速いんだ」とスティーブ。他の3G携帯2台と比べている。treo 750とnokia n95。Nokiaが33秒、Treoは34秒。次はメールで同じスピードテストの番だ。


11:36 AM: 3G: ブラウジングとメールのデータダウンロードは以前より速くなった。Edge接続と比較している。 3Gは全然速く見えるね。 Edgeが59秒かかるところが、3Gは2.8倍速い。今度は3GtpWiFiの比較。WiFiで17秒のところが3Gはロードタイム圏内。3GはWiFiのスピードに近づいている。


11:34 AM: より薄型で、背面は全部プラスティック、ソリッドメタルのボタン、フロントにはカメラは「ナシ」。flushの(従来の凹型ではなくボディと平坦な)ヘッドフォンジャック(よしよし)、音声も改善した。

11:33 AM: 56%の人はiPhoneが高過ぎると言った。 そこで、iPhone 3Gを出すことに。(来たー!…って今さら次郎ですが)

11:30 AM: 「iPhoneは1年で最もベストな発明と呼ばれた。…ユーザーはiPhone大好きのようで、数週間前売り切れるまでiPhoneは売れに売れて600万台売れたよ」

11:26 AM: 1年$99でオンラインのストレージ20GB分もついてくる。 60日の無料トライアル期間あり。 iPhone 2.0対応ソフトと一緒に7月上旬登場。 Mobilemeは.Macに代わるものとなる。

11:23 AM: Phil Shiller登場。Mobilemeをデモ。


11:21 AM: Outlookも込み。メール、カレンダー用のはAjaxベースのウェブアプリをセットで開発した。ユーザーはme.com(これが専用サイト)に行って、メール、カレンダー、写真なんかをゲットできる。iPhoneからmobilemeへの写真の同期も簡単で、アルバムに入れてオンラインで見れる。

11:17 AM: プッシュ・メール、連絡先、カレンダーを端末に取り込んで、出先のどこからでも全て新情報にアップデートされる。情報保存場所はクラウド。 つまり、.mac 2.0=me.comで行う。 しかもMobilemeはWindowsでも動作する。

11:16 AM: Mobileme – アップルより新登場のサービス これは「Exchange持ってない残りみんなのためのExchange」だ。

11:16 AM: 3番目の配信方法: 臨時。iPhoneは最大100台まで認証できるので、アプリも最大100台のiPhoneで使える。

11:15 AM: 「法人には社内の携帯だけ対象に自分たちの手でアプリを配りたい法人もあるのでは、という意見もいただいた。そこで法人には自社でアプリを配信できる方策も追加した」。―法人は社内で使うiPhone一式に認証を与えた上で、認証済みの携帯でのみ動作するアプリを作って、社内のイントラネットで配信も可能だ。配信方法は何でもオーケー。ユーザーはiTunes経由でこれを電話にダウンロードして、同期を取る。

11:14 AM: 「自分のアプリが10mb以下なら、ダウンロードはどんなかたちでもできるが、10mbを超えるものはWiFiかiTunes限定に」

11:12 AM: アップデートもワイヤレスに行う。開発者が値段を決め、売上げの70%をキープする。フェアプレイのアプリなのでセキュアだ。クレジットカード決済とホスティングは無料。

11:10 AM: iPod touchは$9.95、iphoneは無料(アップデートの値段です)。 スティーブがアプリストアの話をしている。3月に発表になったもので、iPhoneすべてに導入される。これでデベロッパーが一人ひとりのユーザーにリーチできるようになる。ユーザーはアプリを選び、自分の携帯にワイヤレスにダウンロードできる。

11:09 AM: iPhone 2.0ソフトウェアは7月上旬リリース

11:08 AM: 保護者コントロールも追加。(子どもの端末から)成人コンテンツ、youtube、safari、 itunes、apps storeはオフにできる。言語サポートも英語オンリーから拡大。日本語2形式、中国語2形式(旧字体、新字体)が加わり、文字を手書きできる機能も加わった。その他多数の言語に対応。

11:08 AM: 一括削除新導入。あとメッセージを探し、メール添付の画像をフォトライブラリに保存できる機能も加わった。関数電卓も追加になって自動的にランドスケープモードをオンにできる。

11:07 AM: 連絡先サーチ! とうとうスティーブが連絡先検索の話を始めたぞ!  iWorkドキュメントのフルサポートも追加(ページ、ナンバー、キーノート)。 iPhoneのMS Officeサポートも完了(ワード、エクセル、そして今度はPowerPointにも完全対応)。

11:06 AM: 以上でSDK最新情報はおわり。スティーブ・ジョブズがステージに戻った。

11:05 AM: これで、アプリ呼び出しのオプションが分かるノティフィケーション専用ウィンドウも取り込めるし、沢山の問題が解消する。アプリからピンを時々送って自分の現在位置(例えば)を更新することも、選べば可能になる。WiFi接続と携帯電話で使える。発売は9月。

11:06 AM: 以上でSDK最新情報はおわり。スティーブ・ジョブズがステージに戻った。

11:05 AM: これで、アプリ呼び出しのオプションが分かる通知専用ウィンドウも取り込めるほか、沢山の問題が解消する。アプリからピンを時々送って自分の現在位置(例えば)を更新することも(選べば)可能。通知サービスはWiFi接続と携帯電話で使える。登場は9月。

11:04 AM: アラートのタイプは全部で3つ:バッジ(待機中のメッセージ件数を表示)、カスタムアラートサウンド、カスタムテキストアラート

11:03 AM: 「これはみなさんがアプリを走らせてる時はみなさんのサーバーに繋げ、アプリが止まるとサーバー接続も切れて、アップルは通知のセッションだけ電話に継続して行う、というもの」

11:03 AM: 「格段に良いソリューションを見つけました。全開発者にプッシュ通知サービスを提供することです」

11:02 AM: 機能といえば、バックグラウンド処理の問題…つまりバッテリーとCPUサイクルを浪費する問題含みで導入が難航していた「通知機能」も加わった。

11:00 AM Xavier Carillo Costaがゲームを見せている。アクションがすごい。iPhoneにポートするのに所要たった2日だそうだ。ビジュアルが素晴らしい…9月発売。

10:59 AM: 最後のアプリはDigital Legends Entertainmentから。

10:58 AM: これはもう医者もびっくり仰天だろう。

10:57 AM: 今のモデルよりずっと効率的だね。次はMark Cain(MIMvista)が医師専用ツールを見せている。 解剖データが見れるCTスキャン。 メタボリックな活動が見れるPETスキャンを披露している。

10:56 AM: このアプリは医者の増員をサポートするもので、今の医学部学生はアトラスとフラッシュカード頼みで人体のことを学んでいる。今やiPhoneでこれができるようになった。 Netterの解剖図を見せている。人体の好きな部位を選んで、詳細イメージをスキャンして回り、ピンを選んでウェブにジャンプ。そこでGoogleや Wikipediaからの詳細情報を仕入れる。どの部位か名前当てテストも受けることができる。カフェラッテを行列待ちの間に、このプロトタイプで脳の専門用語5つを勉強した、と学生。

10:55 AM: 次はModality。医療系のアプリはもう2つある。先発はModality。S. Mark Williams博士が登壇、アプリを見せている。

10:54 AM: 「われわれが試合の山場のハイライトを提供する初のモバイル端末となりますね。実際に起こって数分以内に動画クリップが端末に届きます」。 これもApps Storeローンチ同時発売。(CrunchGearのMatt HickeyはこのMLBのが一番気に入ってるみたいだね)。

10:53 AM: Jeremy Schoenherr(MLB.com)が登壇、次のアプリは「MLB.com At Bat」だ。 UIには今進行中の試合が出ている。ひとつタップするとボトムに詳細が出てきて、リアルタイムの動画で野球試合のハイライトシーンが見れる。

10:52 AM: 最後はバスギター。弦を見せて、タッチで弾いてる。楽器の音はすべて録音して、ミックスして、ダブつけて、ソングが作れる。それか友だちとジャムセッションも楽しめちゃう。「Apps Store登場までには少なくともあと数週間かかります」と彼ら(椅子からコケてしまった)。

10:51 AM: 今度はドラム。12バーブルースインスツルメント。 – ブルースの演奏に必要なものはすべて揃ってる。会場総立ち一歩手前という感じ(いや、ほんと、WOWだね)。

10:50 AM: これは空き時間で作った、と氏。アプリの名前は「 Band」で、誰でも一からミュージックが作れるものだ。彼はピアノを見せている。キーを叩くと、音楽が流れてくる。聴衆の反応は上々だ。

10:49: これはフリントストーンカーだ。10台から好きな車を選んで、あとアトランティスレベルでは潜水艦も選べる。 iPhoneの加速度センサーで自分のフリントストーンカーを運転してる。他のプレーヤーに突っ込んだり。ゲームは各$9.99で、ローンチ段階で発売となる。 次は単独のデベロッパーMark TerryがCow Musicを披露。

10:47 AM: レベル2では、水滴がいたるところ飛び交っている。 Polygomを正確に衝突させるテストは高いcpu利用が必要なものだが、このiPhoneは問題なく処理してるね。 次のゲームは「Croman Ralley」。

10:46 AM: 次はPangea Softwareという、ベテランのmacゲームデベロッパー。iPhoneに2つのゲームをポートした。PangeaのBrian Greenstone登壇。最初のゲームは「Enigmo」という超能力ベースのパズルだ。完全にタッチベースで、水滴を得て、きちんと動き回ることができる。グラフィックスはすごくリッチだ。40粒の水滴を正しいところに入れて次のレベルに進むうゲーム。

10:45 AM: 何かニュースなものを見たら、その情報と、あと写真も直接iPhoneから送ることができる(おお~)。各iPhoneにはAPへの直接リンクもついている。…というところで、その話は終わってしまった(もうちょっと掘り下げて欲しかったなあ)。

10:44 AM: カテゴリ別(スポーツなど)にトップニュースも閲覧可能。ニュースネットワークからの動画を見たり、アプリを使ってニュース報告もできる。

10:43 AM: 「iPhoneは数千というニュースソースからの情報を一つにまとめる重要な触媒」。新アプリの名前は「The Local News Network」。電話の現在位置を基に、持ち主が今いる場所の地方ニュースを引き出すものだ。

10:42 AM: 「APは5000社を超えるニュースの連合体で、iPhone用の優れたウェブアプリは既にあるが、このたびネイティブのアプリを使って、これを次段階に引き上げるものを開発した」―Benjamin Mosseがステージでそのアプリを見せている。




10:41 AM: このTypePad専用アプリもアプリストア開店と同時に無料で提供となる。次はAP。

10:40 AM: 電話の普通のフォトアルバムからも写真が追加できる。ブログに写真を取り込んでる。ブログは変更も自由だ。タップしてタイトル、カテゴリ、本文テキスト、コメントを追加。

10:39 AM: TypePadのMichael Sippey登壇。「TypePadはプロフェッショナルなブログサービス世界最大手の企業です」。create post(投稿作成)、take photo(写真撮影)、add photos(写真追加)というアプリを見せている。

10:38 AM: Looptは他のキャリアでも使える。iPhone対応のLooptは無料。ローンチと同時にアプリストアで買える。次はTypepad。

10:37 AM: 友だちをクリックすると相手の詳細情報が出て、最寄りのカフェも出てくる。アプリで彼女にテキストメッセージを送って暇か聞いて、彼女が暇ならクリックひとつで道順も分かる、というわけだ。



10:36 AM: ホットピンクのシャツのSamが言う。「iPhoneにLooptが導入できて、もう信じられないぐらい興奮しています。これでみんなどこにいて、何をしてるか分かる。空港に缶詰になって暇な時とかも、すぐ近くに友だちがいたら、紹介してあげることができるんです」。

10:35 AM: 次はLoopt。「SDKにコア・ロケーションを追加したんですが、そのときには、これで開発者が何を作ってくれるか待ちきれないほど楽しみでした」とSam Altman(CEO Loopt)が登壇。

10:33 AM: wiiを検索。ライブで競売中のお値打ちな検索結果が出てきた。 詳細も引き出せる。htmlもフルに見れるほか、ウォッチリストにクリックで保存も可能。



10:32 AM: iPhoneにeBayのオークションが加わる。 「開発を決めたのは5週間前ですね」。ホームスクリーンを見せている。検索・アバター・ナビゲーションのアイテムが沢山ついてるね。

10:31 AM: アプリストア開店に合わせて、このアプリは$9.99にて発売(私も買うぞ)。次はeBay登場。Ken Sunがステージに上がってデモしている。
10:31 AM: iPhone加速度センサを使ってキャラクターを動かすゲームを実演している。傾きコントロールで狙いをピンポイントに定めて加速したり失速したりできるんだ。


10:30 AM: Sega: 3ヶ月前にSupermonkeyballを2週間で作ったセガ。そのセガがまた何やらすごいものを作ったようで、セガのEthan Einhornがステージに立った。

10:29 AM: 「みんなが素晴らしいアプリを構築できるファンタスティックなプラットフォーム。これで作ったアプリの中には本当に驚くような作品も見られます。本日ここにお招きしました」

10:28 AM: David Pogue(NYT記者)「みなさんが目にしているのは、3番目の主要コンピューティングプラットフォームの誕生の瞬間です。Windows、Mac OSX、そしてiPhone」

10:27 AM:
ディズニー: 「他のモバイル端末も何百とやってきましたが、iPhone向けの開発は爽やかな新風です」

Infoworld: 「Symbian、Windows Mobile、Blackberryでもかなりコード作成は手がけてきたけども、iPhoneはそのすべてを凌駕しています」

FIM: 「xcodeは本当に気に入ってます。RIMなんて目じゃないですね」

10:26: こうしたアプリを公開して3ヶ月になるが、今はデベロッパーが何千人もこれを使っている。「みんなの反響を聞いてみよう」

10:25 AM: 連絡先検索が可能になって、その近くをタップすると現在地10マイル圏内にいる連絡先が見れるようになった。着手からローンチまで開発時間4分にしては、すごいアプリだ。

10:24 AM: Scottがアプリ作成の仕上げに入った。所要約3分。

10:21 AM: 今度はInterface Builderを使ってUIをドラッグして取り出した。iPhoneアプリのインターフェイスは、死ぬほどシンプルなドラッグ&ドロップのインターフェイスで作れるんだ。

10:20 AM: Scottが、このツール群を使ってサンプルのアプリを作っている。



10:18 AM: ツール: Xcodeはコードを作成・編集・デバッグするのに使うものだ。 Interface Builder -簡単にインターフェイスを作って、直接コードに繋げる。  iPhone – デバッグ用シミュレータ。

10:17 AM: Core OS、Core Services、Media、Cocoa Touch― 以上すべて普通のマックと同じOSXカーネルをiPhoneでも使っている。

10:16 AM: 次はScott ForresterのSDK解説。「われわれは社内で使っているのと同じネイティブのAPI・ツール群を公開している。つまりデベロッパーとしてみなさんは、われわれと全く同じようにアプリを開発できるということだ」

10:15 AM: iPhoneがどんな素晴らしいかを語る法人顧客の動画を流している。

10:13 AM: シスコがiPhone 2.0実装VPNを開発した。ベータプログラムにはフォーチュン500の優良企業の35%が参加した。その内訳は銀行トップ5行、保険会社、航空会社トップ7社中6社、エンターテイメント企業トップ10社中8社、薬品会社トップ10社中8社、大学多数という構成。

10:12 AM: エンタープライズはMS Exchangeにフック可能となった。ユーザーはメール、連絡先、カレンダー、自動発見、グローバルアドレス検索、リモートワイプを引き出すことができる。 その全機能が新ソフトウェアにビルトインされている。




10:11 AM: 「iPhone 2.0ソフトウェアは3部構成」
1. エンタープライズサポート
2. SDK
3. エンドユーザー向け新機能
10:10 AM: iPhoneについて。 – 「デベロッパー向けプログラムの立ち上げは95日前の3月6日。これまでに25万人の人たちがSDKをダウンロードした」。「有料デベロッパープログラムには25000人を超える人たちから応募があったが、残念ながら全員は採用できない。結局4000人が入った」

10:09 AM Scott Forstall(iPhoneソフトウェアのシニアVP)とPhil Schiller(製品マーケティング部門シニアVP)がiPhoneの解説の応援に上がった。Berttand Serlet(シニアVP OSX Software)が後でOSX「Snow Leopard」の解説を担当する。

10:08 AM: アップルのエンジニア1000人が会場に来ている。「アップルには今3つのパートがある。1つ目はmac.、2つ目はミュージック、3番目はiPhoneだ」


10:07 AM: 「今日はみなさんにいち早く報告したい素晴らしいものを用意した」。参加者5200人は新記録だ。 チケット完売。会期中147のセッション(マック関連が85、iPhone関連が62)を予定している。

10:06 AM: スティーブ・ジョブズ登壇。おおーっ、ジーンズ、テニスシューズ、黒タートルのセーターで登場だ。

10:05 AM: ステージの照明が落ちた。Jerry Lewisのすごいball of fireを映している。
10:02 AM: 携帯電話をオフにするよう指示があった(iPhonesも)。開始まであと数分。

10:00 AM: バズが飛び交って止まらない。間もなく始まる。

以下は基調講演スタート前:







9:58 AM: (あ、戻った戻った、ほっ…)メインの展示ホールに座った。会場には文字通り数千人の報道陣・VIP・デベロッパーが一堂に集まっている。 (デベロッパーは後ろで団子になって会場に入れない状態)。席は一つ残らず埋まった。両肘キツキツでマック打ってる。

9:50 AM: あと10分で開始。ああ、サスペンス(と言ったきり本家ダウン中。しばらくお待ちを…)

9:50 AM: 狂ったように走った走った…(2’34″から走り出します);

9:49 AM: ウォールストリートジャーナルのWalt Mossbergも来てるね。

9:44: マイク、エンガジェットのRyan Block編集長に話を聞く。;

9:42 AM: マイク、ギズモードのBrian Lam編集長に話を聞く。;

9:40 AM: 確認が取れた。eBayとLooptがプレゼンをやるそうだ。

9:38 AM: Six Apart CEO Chris AldenがVIPパスで会場入り。 シックスアパートもiPhoneアプリ出すんかね?

9:30 AM: Apple Storeダウン。うーん、なんでかね? 今日新発売のもの、なんかあった?

9:20 AM: 待ち時間にあと何枚かバナー撮ってみるね。


9:00 AM: Erick Savitz(Barronの西海岸担当エディター)の予想はこれ…


しゃべってしゃべって止まらないエディター氏

8:55 AM 基調講演会場の入り口には取材陣が控えている。ロビーに人がたまってきた。それを取り巻くようにアップル社員がグリーンのシャツでたっている。看板にはこんな言葉が。:「App Store – now accepting applications(アプリストア―アプリ受付開始)」、「iPhone SDK – let’s see what develops(iPhone SDK―これで何が開発できるかな)」。


8:50 AM Matt Markと私が到着、チェックイン。報道陣の控え場所にいる。報道関係者は少なくとも50人か60人はいるかな。主要マスコミはみんな揃ってる。



8:45 AM: モスコーネセンターに入った。

8:30 AM: 「eBayがiPhoneアプリ本日発表」(動画参照)という情報に賭ける人いる?

8:25 AM: モスコーネセンター到着

8:15 AM: Mark HendricksonとMatt Hickeyのスティーブ・ジョブズ発表予想(下)はこちら。;

8:10 AM: CrunchGearがまたレッドのiPhoneの写真を出した。本当かもしれないし違うかもしれないが、“リーク”した写真と内容は合ってるね。

7:50 AM (PDT): 1日の始まりは快調。(下の動画参照←眠そうに車乗ってる取材班が写ってるだけです);

[原文へ]

(翻訳:satomi)