HotPads

借りるか買うかで悩んでる? それならヒートマップをチェック

次の記事

TwhirlがFriendFeed Roomsをサポート。しかしSeesmicは・・・まだ

rentbuy-heatmap-ny-small.png

私は良いヒートマップを見るとたまらなくなる。特に不動産関係の。以前差し押さえ物件マップを作ってくれたHotPadsが、今度は便利な家賃率のヒートマップを提供している。その家賃率は、家の販売価格を同じ地区の同程度の家の年間家賃で割ったものだ。家賃率を見れば、特定の地域で家を借りるのと買うのとどちらが理にかなっているのかがすぐにわかる。数字が高ければ(地図では赤で表示)、たいていの場合借りる方が良いということになる。数字が低ければ(地図では青で表示)、買う方がおトクだ。

上のNew York Cityの地図では(拡大するには画像をクリック)、TribecaとSohoでは借りた方が、Lower East Side、そしてBrooklyn HeightsやWilliamsburgといったBrooklynの一部地域では買う方が良いということが見て取れる。Silicon Valleyについては、Sunnyvaleの一部を除いたほぼ全域で借りる方がおトクだ。

家賃率ヒートマップはHotPads向けに再デザインされた全製品の一部で、改良された検索を備えている。

rentbuyheatmap-sv-small.png

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)