ニュース

eBayがプラットフォームとして売り手ツールを開発

次の記事

イスラエルのLabPixiesのウィジェットは本当にすごい

明日、売り手コミュニティのためのより良いサービスを目的としたeBayの開発者会議で、「Project Echo」という名の新しいプラットフォーム戦略がベールを脱ぐ。

eBayは、これまでずっと多種多様な開発者APIを誇っており、第三者の開発者がeBayの機能を自分たちのアプリケーションに利用することができる。現在、eBayはそれらのAPIを拡張しているところで、Selling Manager内に表示され、70万以上にもなる多数のeBayの売り手が出品物のリストや顧客情報の管理に使うアプリの構築を開発者に求めている。今までのところ、Selling Managerにある全てのツールはeBayが作ったものだ。


明日は数社のパートナー企業がアプリケーションのデモを行うことになっている。Hosted Supportは、買い手のコミュニケーションや連絡先を売り手が管理するのに役立つCRMアプリケーションを公開する。また、Terapeakは、自社のリストに基づいて売り手に最近の市場調査データを提供する自慢のアプリケーション(だから、もし3Gが発表されてiPhoneの値段が急落したら、iPhoneを出品した売り手に通知が届く)を紹介する。

そのプラットフォームは実際にローンチするには程遠く、アルファバージョンが今年の終わり頃に利用可能になり、公にローンチするのは2009年初めになるという。

これはFacebook Platform、Salesforce AppExchange、GoogleのOpen Socialに似ている。プラットフォームがローンチすれば、開発者が使うための定義されたマークアップ言語ができるだろう(eBayのMax Manciniによれば、FacebookとOpen Socialを参考にして、わざわざ一からやり直すつもりはないんだそうだ)。

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)