「Sims Carnival」で自分だけのFlashゲーム作っちゃおう

次の記事

Technoratiがブログ広告ネットワーク「Technorati Media」を本日公開

EAが公開したFlashゲーム・コレクション「Sims Carnival」は、友だちとゲームのプレイ・修正・共有が楽しめるサイト。 ユーザーは既に出来上がったゲームを自由に遊んでもいいし、自分でゲームを作ったりもできる。サイト開設を祝してSims Carnivalでは最優秀デザイナーに賞金が当たる公募「Galactic Game Challenge」も一般受付をスタートした。

このサイトには、プログラミング経験不要のツールを使ってユーザーが自分のゲームが作れるよう、沢山のオプションが揃っている。ユーザーは、いくつかの簡単な質問(なんのジャンル? 敵は何人? など)に分けて製作プロセスを効率化したウィザードを活用したり、サイトからダウンロードできるエディター(今のところWindows対応版のみ)を使ってもっとカスタマイズしたゲーム作りに挑戦してみたり。また、ゲームのデフォルト画像を交換し合って自分のゲームに使えるSwapperも使える。

デベロッパーが自力で作ったFlashゲームも、リンク&ブランディングを全部キープしたままサイトにアップロードできる。飽和気味のFlashゲーム市場で露出を確保したいデベロッパーにとってこれは恩恵になるかも。

完成したゲームは各々、SNSやブログにエンベッドできる。ユーザーはゲームを集めてプレイリストも作れる。サイトではAPIも近いうち公開予定で、そうなるとゲームクリエイターも高得点ランキングを一覧にしてメールで定期配信できるようになる。

ブランド提携できると言っても名ばかりみたいなところもあるので、人気ヒットシリーズSimsと抱き合わせたいゲーマーには期待外れかもしれないが、それでもその同じオーディエンスの中にもSims Carnivalを魅力と感じる人は沢山いそうだ。ゲームは楽しくても、特に複雑ってほどではない作品が多い。その点、自分のゲームが作れるんなら予想を裏切る展開もそこからいろいろ出てきそうだし、そんなに手間かけなくても高い満足度が得られるかもしれない。

ゲーム試してみたい? そんな方のために、スタートアップの生霊を追い払うゲーム「Night of the Living Deadpool」を下に貼っておこう。;

[原文へ]

(翻訳:satomi)