あんまりソーシャルじゃないね:GoogleとFacebookがSupernovaでにらみ合い

次の記事

Redditは明日何を発表するのだろう。で、なぜペンギン?


今日、Supernovaカンファレンスで、ソーシャルグラフは誰のものかに関するパネルディスカッションが行われた。パネリストはGoogleのKevin Marks、PlaxoのJoseph Smarr、Facebookのシニア・プラットフォーム・マネージャーDave Morinだった。David Recordonが書いた記事をモデレーターのTantek Celikが示すと、ディスカッションはとても面白い方向に進んだ。その記事は、どのようにFacebookがGoogleのFriend Connect製品をブロックし、ユーザーがGoogle経由で自身のFacebookのソーシャルグラフを引き出せなくしているかを指摘したものだった。FacebookのMorinはその理由を、Googleのインプリメンテーションが利用規約に適合していないからだ、と説明した。それに対し、Googleは利用規約の範囲内にあると強く信じている、とGoogleのMarksは応えた。また、他の参加者は、Friend Connectをブロックする隠れた動機があるのではないかと示唆した。

Google Friend ConnectはAPIで、ユーザーがさまざまなネットワークからソーシャルグラフのデータを抽出し、そのデータを同じAPIをサポートする他のアプリケーションで使えるようにするアプリケーションだ。そのため、Friend Connectが有効であるためには、何らかの形でより規模の大きなソーシャルネットワークからデータを取り出せなければならない。FacebookはAPIを提供しているが、GoogleがFriend Connectの一部としてそのインターフェースを使う、その方法が気に入らなかったようだ。Tantekはパネルディスカッション中にMarksとMorinが解決に達するように促そうとしてみたものの、Morinは「両社は解決法を見付けようと話し合っているところだ」という先のコメントに戻ってしまった。その話し合いは技術者と重役のレベルで行われていることで、弁護士のチームが利用規約についてさまざまな協定を結んだことが暗に示された。

聴衆からは、各ユーザーに自分のデータを取り出させない理由として、なぜFacebookは国際的な法律用語に頼っているのか、という質問が出た。Facebookはその問題の解決を約束し、またMorinは、Facebookはユーザーが自分のデータに自由にアクセスできるようにしたいと強く考えている、と話した。ここにコントロール戦争があるのは明らかだ。だから、それぞれのユーザーが自分のデータの取り出しをリクエストしなければならないにもかかわらず、FacebookがGoogleに自分たちのソーシャルグラフへのアクセスを与えるのをためらうのだ。

ブログにこの問題を初めて載せ、今日はオープンスタンダードとフォーマットに関する別のパネルディスカッションに参加していた、Six ApartのDavid Recordonのビデオを撮った。

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)