ニュース
Hakia

HakiaのAPIで自分だけのセマンティック検索エンジンを作ってみよう

次の記事

米新聞大手ガネットが家族のソーシャル「Cozi」と資本・業務提携

自分で自分のセマンティック検索エンジン作りたいんだけど、そんな学も博士号もないし…。そんな貴方のためにセマンティック検索エンジンの「Hakia」がAPI公開に踏み切る。これを使うと誰でもこのテクノロジーに乗っかって自分だけのセマンティック検索アプリが開発できる。 HakiaがWebページの意味内容を吟味し、同社が集めた信頼のおける関連度の高いサイトの高品質なインデックスを使って検索クエリーをマッチさせてくれる。

Hakiaはセマンティック検索の分野でPowerSetTextWiseに対抗する企業だ。こうしてデベロッパーに使ってもらうよう誘いをかけながら自社技術を広めたいと考えている。提携相手第1号はモバイルアプリプロバイダ「Berggi」で、ここはAT&TとSprintの携帯端末用にセマンティックなモバイル検索アプリを作った。僕もさっそく手持ちのAT&T Blackberryにダウンロードしてみたが、検索語入力しようとしたらアプリがフリーズしてしまった。僕の携帯の問題かな。

API利用規約では、開発者とスタートアップは1日3万件まで検索が無料でできる規定になっており、それを超えるとライセンス契約が必要に。このAPIで実現できるアプリには以下のような種類が含まれている。:

Web検索
ニュース検索
バーティカル検索(健康関連、エネルギー関連ほか)
Text Summarizer (テキスト概要作成)
Text Categorizer (テキストのカテゴリ分け)
Text Characterizer (テキスト特性化: “解説文やタグを特定・拡張するもの。検索エンジンマーケティング[SEM]には理想的”)
Text Meaning Representation (テキストの意味説明)

唯一問題なのは、このWebシンジケーションサービスの詳細リンクをクリックすると、Club Hakia利用登録ページにジャンプすること。で、登録するとシンジケーションサービス入り口には「Coming Soon(近日登場)」とあるのだ。むー。

Update: リンクがライブになった。今度はちゃんとここに出る。でも、登録はやっぱり必要みたいだね。HakiaブログにもオープンWeb関連情報がさらに詳しく出ているよ。

実際に試した方は感想をコメント欄で教えてくださいね。

[原文へ]

(翻訳:satomi)