Topix

Topix、ローカル情報サイト6カ所と提携、ローカル情報のハブを目指す

次の記事

事態はさらに悪化。Joshua SchachterがYahooを去る

読者投稿・編集タイプのローカルニュース・サイトTopixは6つのローカル・コンテンツ・サービスとの提携に成功した。今後Topixは、あらゆるローカル情報が一カ所で手に入るワンストップ・サービスを目指していくものと思われる。

Topixは、ローカルイベントについては、この分野のデータベース、Eventfulと提携して情報を提供していく。 ローカルのテレビ番組情報、映画上映情報はZap2Itを利用する。タウン情報の提供に関してはInfoUSAと提携した。ペット関連の案内広告を専門とするLiveDealとも提携している。TopixはまたApartments.comと提携してアパートメントの賃貸情報を強化した。またTopixを通じてInforma Research Servicesの不動産金融情報が提供される。

当初、この会社は2004年にTopix.net(現在はTopix.com)というローカルニュースの自動収集サービスとして出発した。2007にサイトはリニューアルされ、ユーザー自身も記事を投稿したり編集したりできるようになった。

現在、明らかに、Topixは単なるニュース・サイトから脱皮して地域情報全般のハブとなることを目指している。 今回追加された新しい機能はこれまで提供してきたコアとなるサービスの拡張としていずれも論理的に納得のいくものだ。しかし今年に入ってGoogle Newsはローカルニュースの提供を始めており、当然ながらTopixより訪問者の数ははるかに多い。Topxiがこのようなライバルに対してどのように差別化を打ち出していくか要注目だ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)