さらに三名の退任で、ぼろぼろになるYahoo経営陣

次の記事

[全訳にて再掲]Kyte.tvが携帯電話ビデオでQikとFlixwagonを圧倒する理由

Yahooを去った元幹部の追跡調査票を公開して数時間しか経っていないが、はやくも完全な旧情報となってしまった。Yahoo周辺の情報ソースによれば新たに3名の幹部が抜けるとのこと。EVPのQi Lu、SVPのBrad Garlinghouse、およびSVPのVish Makhijaniの3名だ。

尚、先週退社を発表した技術エバンジェリストのJeremy Zawodnyは、来月からCraigslistに加わることを発表した。

Vish Makhijani

SVPであり検索部門のGMでもあるVish Makhijaniは、退社してロシア版のGoogleであるYandexのCEOに就任する。Yondexはロシアにおける検索マーケットを支配しており、今年のうちにもIPOが行われるという噂もある。MakhijaniはYahooが2002年にInktomiを買収したときに入社し、長らく幹部として働いていた。今週はじめに辞任を発表していたEVPのJeff Weinerの下で働いていた。

 

Brad Garlinghouse

Brad GarlinghouseはYahooのCommunications & Communities部門を率い、Mail(2600万ユーザー)、Messenger(1億ユーザー)、Groups(1億1千万ユーザー)、Flickr(4700万ユーザー)およびZimbraなどの巨大資産を管理していた。約600名がGarlinghouseの下で働き、Garlinghouseはこの2年企業としての仕事のやり方についての全面的オーバーホールを訴える急先鋒だった。Yahooに来る前、BradはDialpad CommunicationsのCEOだった。キャリアの早い時期には@Venturesでコミュニケーションおよびインターネットビジネス分野のVC投資を率いていた。@Home NetworkやSBC Communicationsで主導的地位にいたこともある。

Garlinghouseの次の落ち着き先はまだ明らかになっていない。噂によると複数の非公開投資会社が獲得を巡って競っているとのこと。率直に言えば彼のこれまでの運営実績(Yahooの検索部門だけは凋落傾向にあったとは言え、関与した分野のほとんどで、マーケット内1位の地位を獲得している)を見るに付け、どこかのCEOに就任しないというのはもったいないことだと思う。

Qi Lu

数ヶ月前からの噂通り、Search and Advertising Technology GroupのEVP Engineering部門のEVPであるQi LuはYahooをまもなく退社する。LuはCTOのAristotle Baloghの下で働いていた。開発コードPanamaのマーケティングプラットフォームのチーフアーキテクトだった(つまりGoogleとの話が出て以来、仕事のおもしろみがどんどんなくなってしまったというわけだ)。

Brad GarlinghouseとVish Makhijaniは退社するJeff Weinerの職を引き継ぐ候補者と目されていた。当然のことだが、二人とも候補者から外れたわけだ。そしてさらなる関心事はYahooにはCEOのジェリー・ヤンと社長のスー・デッカー以外に経営の才を持つ人材がほとんど残っていないということだ。両人はますます孤立の度合いを深め、取締役会を除く会社全体からの信頼を失いつつある。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)