Diller、IACのアドネットワークを新製品に見せかけて再包装

次の記事

[CG]日本のiPhoneウェブブラウジングはどこよりも安い


Barry DillerのInterActiveCorpが、グループサイト間で利用することのできる人口統計および行動ターゲティング広告における多少の機能改善を発表した。名付けて”Audience Cubes”。広告出稿者はIACの26サイト(Citysearch、Evite、Match.com、Ticketmaster等)で、18歳から34歳、スポーツファン、持ち家の人、あるいは子供のいる人など、特定の層に対するターゲット広告を打つことができる。発表内容から判断するなら、IACが全く新しい広告ネットワークをスタートしたと受け取るかもしれない。

報じられているヘッドラインをいくつか示す。

Diller、IAC広告ネットワークを構築(Ad Age).

InterActiveCorp、分割したブランドも含めた広告ネットワークを構築 (Cnet).

離れたけどまだ一緒:IAC、分割企業とも協力する広告ネットワークの構築 (paidContent).

IAC、広告ネットワークでスピンオフ企業とも協業 (Silicon Alley Insider).

IACが過去3年間、全く同じネットワークで広告販売を行っていたことを無視するなら、何か素晴らしいニュースには聞こえる。これまではIAC Advertising Solutionsと呼ばれていたのだが、おそらく誰も知らないのだろう。

同社は昨年、マイクロソフトのAtlasを使って、全広告資源から配信を行う技術を強化した。しかしそれ以前から、同じネットワークを通じて広告を売っていたのだ。今回のニュースにある5つのグループに分離したIACの各グループが、未だに協力し合っているというのも別に大したニュースではない。

IACが実現したという、より精緻な行動ターゲティングの機能にしてもニュースにするようなものではない。広告配信ネットワークはすべて同じことを行っている。Yahooでもやっていることだ。

(写真: endolith

原文へ

(翻訳:Maeda, H)