helio
DEADPOOL

Helio、終了。

次の記事

When Is Good:超単純スケジュール調整アプリケーション

virginbite2back

Virgin Mobileが本日(米国時間6/27)、Helioの株式を$39M(3900万ドル)で買い取った。Helioは小規模のMVNOで、ハイテク愛好家向けおよび韓国SK Telecomの出資もあって、韓国系アメリカ人向けに高機能携帯電話を売り出して有名になった。買収に伴って$60M(6000万ドル)の信用枠に加え$50M(5000万ドル)の借金(SKテレコムと親会社のヴァージングループからのものが半分ずつ)の肩代わりも行う。昨年9月にはSK Telecomが$270M(2億7千万ドル)の追加出資を行ったがHelioを救うにはいたらなかった。

HelioのブランドはVirgin Mobileに包含されることになる。ニューヨークにあるフラッグシップ店以外の店舗は閉じられることになり、リストラが進行中とのこと。種々の奮闘努力はあったもののHelioはデッドプール入り。

Helioには17万のユーザがいて、Virgin Mobileには現在500万のユーザがいる。買収によってVirginは顧客管理や携帯電話ドックのアプリケーション等、Helioの保有していた数々の技術資産が使えるようになる。

HelioはEarthlinkからも出資を受けていた。しかし昨年Earthlinkが撤退し、カリスマCEOのSky Daytonも辞任し、何かが起こっていることは明らかだった。

Peter HaがCrunchGearで合併に関する詳細記事を書いている。

Helioをメジャーに押し上げたハードウェアおよびその機能のことが大好きになってきていたHelioユーザにとって、この合併はどういう意味を持つんだろう。とりあえずVirgin Mobile(VM)はHelio関連全製品を市場に提供し続けるだろう。見たことのある人はわかるけれど、VM製品はまったくダメだ。VMはやや退屈な会社だがHelioを有名にした技術を吸収することによってMVNOの地位を引き上げ、より広い層に訴えかけるようになるかもしれない。つまりVMから将来発表される機器にはGPS付Google Map、YouTube、およびMySpace等数々のアプリケーションが付属することになる… これらはみな他のキャリアに先駆けてHelioが実現してきたものだ。

ところでOcean 2はどうなるんだろう。何のことかわからない人のために書いておくと、Ocean 2は、合併騒ぎの中でここ数ヶ月発表が先送りにされていた。いったいいつ出てくるか正確にはわからないけれど、なくなってしまったわけじゃない。

Helioが消え去るのはとても嫌なことだが、結局両者にとって良い話だということかもしれない。VMは商売の仕方を知っており、Helioは便利で訴求力のある技術を開発する術を知っている。

Helioの退場によって、米国内において実働しているMVNO専業会社はBoost Mobileだけになった。

原文へ]

(翻訳:Maeda, H)