ニュース
Netvibes
Digg

Netvibes、Diggライクの全機能をBuzzに盛り込む

次の記事

1938 Media、Verizonと契約。CNET、怖じ気づく

〔この記事はCalley Nyeの執筆〕

パーソナライズドホームページサービスのNetvibesが、新しいソーシャル機能、Buzzを静かに公開した。Buzzセクションには、Netvibesネットワークの全ホームページ中で、一番多く星の付いたリンクを追跡する。

Netvibesのユーザーは、ウェブページ、RSSリーダー、YouTubeボックス、Diggウィジェット、その他のウィジェットいずれにあるリンクに対してでも星印を付けることができる。星が付いた記事は、ユーザーのパブリック行動ストリームに掲載され、行動ウィジェットの置かれたページに表示される。Buzzは、こうして星の付けられた記事を集約して、Digg風のフロントページに表示するので、ユーザーはみんながどんな記事に星を付けているのかを見ることができる。

Buzzはまだ正式に発表されていないが、これがTariq KrimのCEO辞任発表以来の新機能ということになる。

Netvibesは、iGoogle、My Yahoo!、MyAOLなとの巨人の後塵を拝してはいるが、レスポンスが良く、広告がないことから多くのアーリーアダプターの間で人気がある。5月の世界ユニーク数が240万人あるので、トラフィックを活かしてリンクの人気追跡を行う意味はある。既に多くのソーシャルブックマーキングサイトが存在しているが、この種の機能が既存の人気パーソナライズドページサービスに追加されれば、気軽に導入できる。

Buzzは現在、独立したページ(しかもおそらくまだ開発中)だが、いずれはNetvibesがウィジェットを提供して、ユーザーが自分のホームページで人気記事を追跡できるようになるだろう。ところでこのサービス名、Yahooの目に止まらずに済むことはないと思う。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)