Pinger
phonetag
Jott
GrandCentral

ボイスメールは迷惑だからそろそろ止めてもらいたい

次の記事

Yahooのショートカットで未成年の女の子の写真が見られる

ボイスメールは死んだ。読者諸氏も知り合いにそう教えてやって欲しい。ボイスメールは迷惑だからそろそろ使うのを止めてもらいたいものだ。

90年代の中頃、私が実社会に出て間もない頃には、ボイスメールはまだ重要なオフィス・ツールだった。エンタープライズ向けのボイスメール・システムのどれが良いとか悪いとか、さまざまに品評されていたのが思い出される。転送、グループ送信、アーカイブなどの機能、保存できるメッセージ数、保存期間などがさまざまに比較されていた。その頃すでに電子メールは存在していたが、一般のユーザーはまだこれをどう使ったらいいのか戸惑っていた。手紙というのはレターヘッドが印刷された用箋に書かれる正式な文書だという常識が邪魔をしていた。そこへいくとボイスメールは手軽な通信手段として重宝されていた。電子メールはWordやExcel、Powerpointなどのファイルを添付して送信したり―気に入ったジョークをたくさんの友達に広めたり―するためには使われて始めていたが、メールの使い方のエチケットはまだ確立されていなかった。年長の世代が仕事場から引退するか、それともメールに慣れるかするまでにはその後しばらく時間がかかった。

しかし今はますます多くの人々がボイスメールの利用を避けるようになっている。(即興的かつ非科学的で決定的にアンチ・ボイスメールな私のアンケートも参照)。ボイスメールを再生するのはメールを読むよりずっと時間がかかる。ボイスメールは転送するのも返事を出すのにも余計な手間がかかり、仕事の流れが乱される。

最近、ボイスメールの応答メッセージには 「ボイスメールを残さないでください。私はめったにボイスメールを再生しません。ご用の方は次のアドレスにメールしてください。 xxxx@xxxx.com」といったものが増えている。そもそもボイスメール・アカウントを設定しない人も多い。私のお気に入りのボイスメール対処法はこうだ。メッセージボックスがいっぱいになるまで放っておき、そのままいっぱいにしておく。それでも引き続きボイスメールを残した相手の電話番号は記録され続けるので、私はその番号にかけ直すようにしている。

そういうわけでこの頃は相手に電話をかけ直してはこう言うのが広く口癖になっているようだ。「電話もらったようだけど、まだボイスメールを聞いてないんだ。何か急用かい?

ボイスメールの送り手の方もボイスメールを送ったことで気がとがめるようになっている。ボイスメールを送った後で、それがちゃんと聞いてもらえるようにテキスト・メッセージでフォローすることも多い。「ボイスメール送ったからね。重要なことなんだ」 などと書いて注意を喚起するわけだ。

PingerGrandCentralYouMailなど、ボイスメールの使い勝手を改善しようとするスタートアップもいくつか存在している。 iPhoneのボイスメールのビジュアルなインタフェースもある程度整理に役立つ。しかし、結局のところ、最後にはボイスメールを再生して聞かねばならないという点に変りはない。これは時間のかかる面倒くさい仕事なので、どうしてももっと能率よくできる業務の後回しにされがちだ。

それに引き替え、ボイスメールを音声認識テクノロジーによってテキスト化し、メールないしSMSで送ってくれるサービスならボイスメールの非能率性を根本的に改善してくれる。(SpinvoxPhoneTagYapJottなどのサービスがある)。

携帯キャリヤも月極あるいは1通いくらの料金ベースでボイスメールのテキスト化サービスを提供するようになった。これはますます一般化していくだろうと思う。音声というのはデータ入力方式としては手軽だから残っていくだろう。しかしメッセージを再生して聞くというのは能率の上がらないことおびただしい。音声を再生する手間をかけるのは、愛する人からの声の便りを聞く場合やテキスト化できない(あるいは感情や意図を知るために声を聞きたい)メッセージの場合に限られるようになっていくだろう。

現在、ボイスメールのテキスト化サービスに加入しているユーザーはまだわずかだ。だからボイスメールを残す前によく考えてもらいたい。最近はボイスメールをいやがる相手がどんどん増えているのだ。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)