ニュース
flixwagon

Flixwagonの携帯ビデオ放送、一般公開

次の記事

みんなTwitterのダウンタイムは気にならないらしい

携帯向けストリーミング・サービスのFlixwagonは、このほどサービスの一般公開に合わせて数多くの新機能を追加した。

新機能の1つは、Nokia Symbian Series 60を利用してユーザーがクライアントソフトをダウンロードできるようになったことだ。ユーザーはビデオを「放送」する前に高画質を選ぶか、バッファによる遅延が少ない方を選ぶか選択できるようになった。また新しい双方向のテキストチャットでは、ビデオ放送ユーザーは、携帯デバイスから送信する際に表示されるコメント・エリアにテキストを書き込めるようになった。またビデオの送信中にタイトルを変更したり、デジタル・ズームを利用したりできる。

放送後の機能としては送信者が共有相手(友達、家族、同僚など)のグループを指定できるグループ共有機能が提供された。またユーザーは独自のメッセージを添えてビデオをTwitterYouTubeに投稿することができる。

Flixwagonに追加された機能には、さらに、RSSによるフィード、Gmail、Yahoo、Plaxoなどからの連絡相手のリストのインポートなどがある。

FlixwagonはiPhoneでのストリーミングのサポートを最初に(といってもほんの数時間差だが)発表したサービスだ。直接のライバルとしてはQikKyte.tv(Robert Scobleの携帯ビデオ放送マーケットに関する分析はこちら)。.

 

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)