Cisco Systems / シスコシステムズ(企業)
American Express(企業)

企業の評判ランキングでGoogleがアメリカで1位、世界でも2位。Tech Crunchでも調査してみよう

次の記事

ScanLife:21世紀からのバーコードシステム

Googleとトヨタのどちらを信頼するか。答えは住んでいる場所によって変わるかもしれない。世界中の60,000人を対象に、Reputation Instituteが毎年行う企業の評判ランキングでGoogleがアメリカ国内でのランキング1位となり、世界ランキングでもトヨタに次いで2位となった。世界ランキングではIKEAが3位、Johnson & Johnsonが5位、ウォルトディズニーが12位になっている。Appleは上位25社にも入っていない(下にランキング表を掲載した)。

同じデータを利用して、フォーブズは国内トップ75社を掲載している。国内ランキングではAppleが17位、HPが18位、インテルが19位、Dellは25位、IBMは35位でマイクロソフトが43位だ。下位の方を見てみるとモトローラが50位、Ciscoが55位、CBSは62位、American Expressが75位となっている(表の一部を下に掲載しておいた)。

このランキングは投票に基づいて決定されている。しかし個人的には同意できない。顧客サービスの問題が昨年言われたDellが25位というのはおかしくないだろうか。また常にもっとも賞賛すべき企業に名を挙げられるトップブランドであるAmerican Expressが最下位というのはどういうわけだろう。

ブランド価値に基づいて作成されたブランドTOP100(これも下に掲載した)などと見比べてみるのも興味深い。こちらでもやはりGoogleが1位。マイクロソフトは3位でIBMが6位、Appleは7位、Toyotaが12位、HPは16位、American Expressは20位、Intelは27位でDellは41位になっている。双方のランキングで同じくらいに位置するのはHPくらい。ただReputation Insutituteの調査よりも、こちらのブランドランキングの方がしっくりくる。

読者の方々はいかがお感じになるだろうか。こちらでも投票をやってみよう。もっとも賞賛に値すると感じる企業を投票して欲しい。複数選択もOKになっている。

Editor’s note: 投票欄に間違ってBMWを2つ入れてしまった。BMWはひとつだけ選ぶようにして欲しい。新しく作り直すとこれまでの投票がなしになってしまうのでこのまま掲載しておきたい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)