IBMとセカンドライフが相互運用を発表。しかし、バーチャルワールド同志の橋渡しは不正解だ

次の記事

JS-KitがコメントシステムサービスのHaloScanを買収

Second Lifeをはじめとするバーチャルワールドには「サイロ問題」がある。自分たちだけに閉じたバーチャルワールドである、ということ。今日(米国時間7/8)Linden Lab(Second Lifeの運用会社)とIBMは、両社のバーチャルワールドの橋渡しに成功したと発表した。Second Lifeのアバターが、OpenSimサーバーベースのメタバース(仮想空間)に「テレポート」する。

両社はこれまで、バーチャルワールド間の相互運用を可能にするためのOpen Gridプロトコルを共同開発してきた。Second Lifeブログの記事で、Hamilton Lindenがこう説明している

Open Gridプロトコルに基づく相互運用のオープン標準によって、ユーザーはある世界から別の世界へと自由に渡り歩くことができるようになる。今日インターネットでウェブからウェブへ行くのと同じように。

このビデオはアバターが、ある世界(コンピューターサーバーの集まり)から別の世界へと「テレポート」するところを示したものだ。

バーチャルワールド間の相互運用は結構なことだし、深刻化しつつある囲い込み現象を打破する第一歩であるには違いない。しかし、究極的には間違った答だ。われわれが本当に必要としているのは、バーチャルワールドとウェブの相互運用である。

さもなければ、バーチャルワールドは己の「代替世界」の中で孤立したままだ。通常のウェブからリンク(その逆も)できない限り、存在していないのと同じだ。バーチャル3Dワールドがブラウザーにやってこようとしているのは、このためだ。Vavaty(本日公開ベータを開始した)というスタートアップが、このブラウザーベースのバーチャル環境をすでに作っており、場所も物体も、通常のURLで表されている。

Second Lifeで出来ることと比べるとまだ見劣りするが、今後よくなっていくはずだ。そして、ウェブの他の部分と繋がっているということは、相互運用の問題が起こらないことも約束されている。ウェブはこれから益々3D化していくだろう。Second Lifeはウェブにやってくるのだろうか、それとも伝来のアーキテクチャー(他に選択肢がなかった時代に作られた)がそれを妨げるのだろうか。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)