JS-Kit
haloscan

JS-KitがコメントシステムサービスのHaloScanを買収

次の記事

[CG]なんと、なんとiPhone 3Gの箱出しだ!(フェイクかも)

haloscan-js-kitJS-Kitは、Javascriptによるブログ向けコメント、評価、アンケート用のウィジェットを提供している会社であるが、このほどホスト型コメントサービス大手のHaloScanを買収したと発表した。この発表に合わせ、いくつかの大きな機能追加も行われた。金銭面の条件は明らかにされていない。

HaloScanは去る1月にJS-Kitとの提携により、同社のコメントシステムのユーザーに対して、JS-Kitの評価ウィジェットを「ワンクリック」で配布するサービスを開始した(評価は記事に対するもので、コメントに対してではない)。今回の買収により、JS-Kitの顧客ベースが飛躍的に増加し、新たに52万の提携サイトにアクセスできるようになり、合計でおよそ55万サイトへのリーチが可能になる。JS-Kitはさらにこの買収の結果、毎日300サイト以上の登録があるだろうと言っている。HaloScanのコメントシステムは、JS-Kitの評価、アンケート、レビュー、ナビゲータ、アドバイザーの各ウィジェットと統合される。JS-Kitのコメントシステムには、Akismet社製のスパム対策および不快表現フィルターが組み込まれている。

Blogger元来のコメントシステムは、他のBloggerユーザーのコメントしか受け付けないため、この内蔵システムの代役としてHaloScanが早くから人気を博していた。Bloggerでは、トラックバックリンクを提供するためにHaloScanを利用することも薦めている。最近、突発的なサーバートラブル(移行に伴うものと思われる)のために、利用が減少していたため、30日間程度の移行期間が完了するまでにJS-Kitが問題を解決していることを期待したい。

JS-Kitは、新たに獲得したユーザーをてこに、重要な新機能を公開しようとしている。その1つが、標準に沿ったポータブルなユーザープロフィールだ。ユーザーは、JS-Kit提携サイトに付けられたコメントをOpen IDのログインシステム経由で全て見ることができる(下の画面)。ポータブルプロフィールは、ホスティングサイト上のポップアップ経由で利用できる。これでプロフィールが見つけやすくなり、新しいパブリッシャーによる採用にも結びつくかもしれない。

ほかには、WordpressとBloggerと簡単に同期がとれる機能がある。これによって、元のサイトから古いコメントが自動的にインポートされるため、既存のブログが導入しやすくなる。簡単インポートに加え、JS-Kitは、ウィジェットに新しいコメントが書かれたときに、提携ブログのWordpressやBLoggerのコメントも更新する。

これと対になる、これもJS-Kitで新規追加する新機能がSEOサポートだ。コメントの中身をインデックスする静的なページをJS-Kitが作り、それを自分のサーバーのサブドメインとしてホストできるようになる。これで検索エンジンからは、コンテンツがJS-Kitのサイト上ではなく、パブリッシャーのサイトにあるようにみえる。

競合するコメントサービス会社であるDisqusSezwhoと異なり、JS-Kitには基盤となるネットワークがない。DisqusとSezwhoは、提携ブログに書かれたコメントをベースにしたソーシャルネットワークを提供しており、コンテンツが発見されやすくなっている。競合他社のユーザー数はJS-Kitよりはるかに少ないため(JS-Kitは55万提携サイト、800万ユーザー、8000万コメント)、JS-KitがHaloscanの膨大なユーザーベースにソーシャルネットワーク機能を付加すれば、市場にトップに躍り出る可能性がある。しかし、Disqusも大きな勢いを得てきている(提携ブログ数2万と言われている)ため、JS-Kitにとって手強いライバルになるだろう。

大きな違いの1つは、Disqusが独自のログインシステムを利用しているのに対して、JS-KitがOpenIDを採用し、ソーシャルウェブの潮流に乗っていることだ。あるブログのDisqusコミュニティに参加するためには、Disqusのサイトに行く必要があり、JS-Kitのようにブログに居ながらはできない。下の競合グラフでDisqusが急速にHaloscanに追い付いていることを、これで説明できるかもしれない。グラフはウィジェットユーザーを数えていない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)