SpeedDate―Facebookアプリがまた制裁を受ける

次の記事

バーチャルワールドに大ブーム―今年だけですでに$345Mの投資

speeddateFacebook対「行儀の悪いアプリ」戦争の最新の犠牲者はSpeedDateだ。SpeedDateは同名の会社が提供するFacebookアプリケーションだが、アプリケーション・リストから突然消えた。またこのアプリへのリンクはFacebookのトップページへ誘導されてしまう。SpeedDateはウェブベースのスピード出会い系サービスで、停止されるまでFacebookのアプリだったが、Meeboにもアプリが提供されている。

この戦争の最近の犠牲者には、SlideのTop Friends(7日間停止された後で、先週末に復活)、SocialhiのSocialMe(7/1以来停止中)、RockYouのSuper Wall(バイラル機能を停止)、そして今回のSpeedDateが含まれる。

最近Google検索してみるとYahoo! Answersに「アプリとして登録した覚えがないのにプロフィールにSpeedDateが現れたことがあるユーザーはいませんか?」という質問が投稿されていた。これに対して「そういうことがあった」と誰かが回答していた。これが今回の停止の原因に関係がありそうな気がする。しかし明日(米国時間7/10)にならなければ情報は入ってきそうにない。(アプリの機能停止は真夜中に行われるのが流行らしい。TopFriendsが消えたのもそうだった)。

Facebookの他のスピード・デート・アプリケーション(Desidate.tvRandomateなど)は正常に機能している。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)