スタンフォード大学、GmailやOutlookではなくZimbraを採用

次の記事

myAWOLはデジタル時代の音楽レーベルだ

教育市場におけるウェブメールは、Zimbra、Gmail、Outlook/Microsoft Exchangeの三つ巴の戦いの様相を呈している。そして今日、YahooのZimbraが、スタンフォード大学にサービスを提供する競争に勝利を収めた。

これが、Georgia Tech、University of Wisconsin、Texas A&M、Cal Poly、University of Pennsylvaniaなど、Zimbraの一連の勝利の最新情報だ。Zimbraは世界の300以上の大学でメールシステムに動力を供給している。つまり、「.edu」で終わるメールアドレスの実に約150万人分を扱っているということだ。

スタンフォード大学の契約競争は特に激しかったと聞く。だが結局、Googleは豪大学でGmailの史上最大の展開を奪取したときのような幸運には恵まれなかったのだった。

Zimbraは、特に強力なモバイルサポート(ActiveSync)に加え、同期化と管理機能のおかげでスタンフォード事業を勝ち取ったのかもしれない。また、ZimbraはまだGmailにはない企業にやさしい機能を備えてもいる。

この展開の詳細はStanford Reportで読むことができる。

[原文へ]

(翻訳:Megumi H.)