iPhone App Storeがついに公開!(アップデート)

次の記事

ハウツービデオのGraspr、$2.5M調達―シンジケート配信に特化へ

アップデート: The iPhone 2.0 software は現在ダウンロードできるようになりました.

Appleの「iPhone App Store」が公開された。PSTの午前9時にライブという噂だったが結局数時間早めのローンチとなった。アクセスするには、iTunes 7.7 hereからダウンロードを!iTunesがアップグレードされればここから「App Store」にもアクセスできる。

今ではiTunesで”get apps”(アプリケーションをゲット)ができる。が、iPhoneで利用するにはiPhone2.0のソフトが必要(iPhone2.0はまだ入手不可。アップデート:今は入手可となりました)。

現在、27ページにもわたってアプリケーションがリストされている。私たちも面白そうなアプリケーションを見つけてはディレクトリをアップデートしている最中です。一見したところ、英語以外の言語のアプリも数件あった。他、面白いトレンドといえば、多数の本がアプリとしてリストされており、ほとんどが$0.99である(たとえば、「Heart of Darkness」という本があり、それを買ってみた!)。

Pinch Mediaによると、App Storeはローンチ時は552ものアプリケーションがあったという。そのうち135のアプリは無料で提供されており、残り417件は大体$0.99 から$69.99辺りの価格で販売。がそのほとんどは$0.99 から $9.99ぐらいのもの。

iTunesのv 7.7のダウンロード後、上記のリンクをクリックしてももapp storeが出てこないと言っている声もちらほら。そんな人のために、qikビデオでStoreの動画をとったのでどうぞご覧あれ。

下記は、iTunesディレクトリーのページとFacebookとMyspace Appのスクリンショットです。


[原文へ]