ニュース
swurl
favthumbs

FavThumbsはDel.icio.usブックマークをクールに視覚化

次の記事

発売初日のiPhoneの品不足は演出?

われわれは長らくDelicious 2.0がリリースされるのを待っているが(Yahooは何ヶ月 われわれじらしている)。一方、最近ローンチしたスタートアップで、ウェブ上の活動のライフキャスト・アグレゲータのSwurlのファウンダー、Ryan SitはDel.icio.usのAPIをあれこれいじっているうちに、FavThumbsを開発してしまった。FavThumbsはブックマーク対象のスクリーンショットを利用してDel.icio.usをクールに視覚化するサービスだ。

ユーザーはFavThumbsのサイトを訪問してDel.icio.us IDとパスワードを入力する。するとブックマークのスクリーンショットが縦横に並べられたグリッド方式、あるいは〔iTunesの〕カバーフローのように次々に横にスライドする方式で表示される。Sitはこれが時代遅れなDel.icio.usのリスト方式を大いに改善するものと期待している。昨年われわれが紹介した似たようなウェブ・アプリにFicheyがある。 これはソーシャル・ブックマークの見出しをマイクロフィッシュのよう表示するものだ。ユーザーは雑誌のページをめくるように次々とページを閲覧することができる。しかしFicheyの場合は対象が見だしだけで、しかも個別ユーザーのアカウントを処理してくれるわけではない。

もう一つ類似のサービスにわれわれが6月に紹介したビジュアル検索エンジンのSearchMeがある。ユーザーはSearchMeに所望のサイトをドラグ&ドロップすることでブックマーク集が作れる。このブックマーク集はFavThumbsと似たようなカバーフロー方式でディスプレイされる。もう一つ、Del.icio.us用のカバーフロー・ディスプレイとしてはFluidのDel.icio.usサイト専用のブラウザ・プラグインがある(紹介はこちら)。

SitはFavThumbsを開発するにあたって、グラフィカルなブックマークのデスクトップ・アプリ、Delishに影響を受けたと語っている。Sitはこれ以外に、カレンダー式のディスプレイで地域の案内広告を閲覧できるListPicも開発している。ListPicとFavThumbsはどちらもSitの会社Freestyle Labsが運営する実験的なサービスだ。


 

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)