600万のiPhoneがレンガ状態―アクティベーションが立ち往生している

次の記事

iPhone 3Gの箱を開ける―ライブ中継ビデオ

いやはや、まいった。iPhoneのアクティベーションがトラフィックをさばききれず立ち往生中だ。誰もかれも―古いiPhoneをアップデートしようとするユーザーも新しい3GiPhoneを買ったばかりのユーザーも、レンガ同然のiPhoneを抱えて混雑が収まるのをひたすら待つしかない状態だ。Brentという読者からの報告―

おい、大変ですよ。オレのiPhoneも、それからフォーラムやなんか読むと、他の連中も全員、iPhoneがレンガ状態。使い始めるには最後にとにかく1回App Storeを呼んでアクティベーションをかけなきゃいけないわけだけど、アップデートのトラフィックを処理できなくて、お話中みたいになっていて、その間レンガ状態だ。トラフィックが静まるのを待つしかないみたい。影響を受けたユーザーがどのくらいいるのか知らないけど、きっと大勢腹を立てているだろうね。オレもだ! Appleは「電話を切ったりリブートしたりしないように。アクティベーションに成功するまでずっと試し続けるように」とか言っている。てことは、iPhoneを持ってる人間は今日は携帯なしで我慢するか、それとも家でじっとして、つながるまでアクティベーションを続けるかってことになる。

どうなっているのかというと、ファームウェアを2.0にアップグレードしようというユーザーがいっぱいいるわけだが、システムがアクティベーションをしようとしてもなかなか処理されないのでリブートをかけてしまう。そこでまたアップデートとアクティベーションが行われ、その間電話は仕使えず、今のトラフィックの状況ではそれが何度も何度も繰り返されることになる。

CrunchGearのライターのPete Haの2G iPhoneも現在レンガ状態なのでアップデートしないように。

なにか解決法があったらCrunchGearに載せる

アップデート:iPhoneが使えなくなるとどうなる? 行列に5時間も並んだあげく、こんな目に遭わされようとは。私の現在の心境は下のビデオのとおり。

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)