New Relic
Engine-Yard

Railsアプリのホスティング企業Engine YardにAmazonとNEAが投資

次の記事

Jason Calacanisのメーリングリスト第一回記事

engineyard-logo.pngRailsアプリケーションの構築と管理とホスティングのためのプラットホームを提供しているEngine Yardが、 1500万ドルのシリーズBファンドを、新たな投資者、New Enterprise AssociatesとAmazonから調達した。以前の投資者であるBenchmark Capitalも参加している – これでEngine Yardは1850万ドルの資金調達に成功したことになる。

Engine Yardの競合企業であるHerokuNew Relic も、今年新たな資金を調達した。

Amazonの投資は明らかに同社の経営戦略の一環だ。つまり、将来はWebサービス製品の売り上げを拡大したいのだ。Engine Yardは、アプリケーション開発のためのツール、ホスティング、そして運用管理の部分でAmazonが描く構想にぴったりフィットしている。

Engine Yard、 JavaプラスRubyOnRails プラットフォームを目指す―続きはTechcrunchITで〔英文〕 >>

[原文へ]
(翻訳:Iwatani)