Googleは毎日のように新しい検索インタフェイスをテストーますますDiggふうに

次の記事

PlayBoyの投票から外れたがるブロガーたち。でもベッドは準備OK

2日前にTechCrunchは、Googleが一部ユーザーで標本テストをしている新しい検索インタフェイスのスクリーンショットを掲載した。それはユーザが投票によって検索結果の良し悪しを評価する方式で、各結果の獲得票の総数も表示される。こういうインタフェイスは、Diggにとてもよく似ている。

TatangoというスタートアップのCTO、Adrian Pikeは、今日またテスト中のインタフェイスが変わっていて、ユーザがコメントを書ける機能が加わったことに気が付いた。Diggと同じく、コメントからも、良い悪いの投票ができる。そのためのアイコンのデザインも、Diggそっくりだ。コメントには、それを書いた人の名前が表示され、クリックするとその人のGoogleアカウントのプロファイルが出る。

各検索結果には、好悪両方の獲得票数が表示される。バツのほうのボタン[×]を押すと、その結果項目はたちまち画面から消える。

Pikeは上の画面と2つのビデオを送ってきた。ビデオは今編集中だが、もうすぐここに出せる。

アップデート:Pikeが新しい検索機能にアクセスしている最初のビデオは、一時的に再生不能になっていた。その後、新インタフェイスは取り下げられたが、とりあえず元のビデオを見ていただこう。

アップデート2: これが2つめのビデオ

[原文へ]
(翻訳:hiwa)