ニュース

携帯ブログ版にWordPressのような存在は必要か?

次の記事

Channel Intelligence、ウィッシュリストを使っている相手全員を訴える

「携帯ブログ」とか「モブログ」かかいうコンセプトはまだ生きているのだろうか? iPhoneのようなデバイスの登場やTwitterのようなサービス、あるいは携帯版写真ブログのShozuのようなアプリケーションの普及でマイクロ・ブログ、モバイル・ブログ、プレゼンス・アップデートなどの境界線は入り交じってぼやけたものになりつつある。このジャンルでまだ手つかずの新しい領域というのは残っているのだろうか?

英国のMoblog.netはプラットフォームの提供がそれかもしれないと考えて、いくつかのソリューションを計画している。 Moblog.netは(ご多分にもれず)APIと携帯向けブログのホストサービスを提供する。これによって、誰でも携帯ブログによるコミュニティーづを作れる。またShozuやSpinvoxとの統合(ユーザーは単にサイトを呼び出すだけでブログが作れる)、グループ化とドメイン名のマッピング・サービスも可能となる。 また重要な機能として、着信するSMSとMMAメッセージにジオタグ〔位置情報〕を付け加えることができる。これはウェブのスタートアップでは実現が難しい。またアカウントの作成を簡単にする努力も払われている。英国、アメリカ、フランス、ドイツ、スペインではSMSまたは音声によってアカウントが作成できる。なぜそれほどSMSにこだわるのか不思議に思う読者もいるかもしれない。なるほど携帯分野でもWebが普及しつつあるとはいえ、非音声の携帯サービスとしては、テキスト・メッセージが依然ダントツで首位なのだ。携帯プロバイダにとってもやはりデータサービス分野でテキスト・メッセージが最大の収入源である。.しかし、既存のオンラインSNSが携帯版に特に力を入れ始めている(特にiPhoneのネーティブ・アプリとして)中で、Mobile.netがどの程度成功するか、今後に注目だ。

さらに詳しい情報はTechCrunch UK〔英文〕で

[原文へ]

(翻訳:Namekawa, U)