Vivaty
electric-sheep-company

またまたブラウザベースのバーチャルワールドが誕生 − Electric Sheep CompanyがWebFlockを発表

次の記事

あなたのTiVoにYouTubeがやってくる!

Sibley VerbeckがSecond Lifeを通り過ぎて新たな挑戦を始めた。 Electric Sheep CompanyのCEOを務める同氏は、「CBS」「Showtime」「Intel」などの大手ブランド向けのSecond Life用の仮想の「島(アイランド)」の製作で多くの収益を得てきた。そして今彼は、そんなWeb上の バーチャルワールド( 仮想世界 )を通常のブラウザに導入しようとしている。本日彼は、Flashをベースにした3次元バーチャルワールド「WebFlock」のサービスをソフトウエアホスティングサービスとして提供する事を発表した。

WebFlockの世界は、 独自のソフトウエアのダウンロードの必要なSecond Lifeのようなバーチャルワールドを必要とせずに、バーチャルワールドに存在感を示したい大手ブランド向けの自社ブランド専用のバーチャル環境だ。現在迄に、今年だけでも$345M(3億4500万ドル) がバーチャルワールド系のスタートアップに投資されているが、そういったベンチャー企業がバーチャルワールドをブラウザに導入しようとしているトレンドが見て取れる。例えば最近公開されたスタートアップの「Vivaty」は完全なブラウザベースだ、また Google もも独自のブラウザベースのバーチャル環境「Lively」のテスト中だ

しかし、これらのバーチャルワールドはどれもFlashベースでは無い。上記のバーチャルワールドは、ActiveXを利用しているためWindowsのマシンでのみ稼働する。WebFlockのバーチャルワールドは、Flashをサポートする全てのブラウザで利用可能だ(事実上ほぼ全てのブラウザで利用可能)。同ワールドは「3Dアバター」「チャット」「バーチャルマネー」「ゲーム」及び「YouTubeなどからのビデオや画像の埋め込み」などの機能に対応している。

VerbeckはWebFlockのサービスを、同氏がSecond Life向けの「島(アイランド)」を制作した大手ブランドなどと同じ種類の顧客向けにホスティングサービスとして提供している。例えばこのサービスの顧客第一号は、既にSecond Lifeでも有数の規模の「島(製作: Electric Sheep)」を所有するShowtimeの「The L-Word」だ。同じ様なバーチャル環境を通常のブラウザ向けに作る事で、Showtimeはより多くの観客をバーチャルワールドに呼び込めると考えている。

Verbeckは、Electric Sheepが他のバーチャルワールド環境向けに使っていた「Aspen」と呼ばれる技術を使用しており、今回それをブラウザベース用のバーチャルワールドに使用している。同氏はこれらの3Dワールドが、 個別の存在として異なったWebサイトに埋め込まれると予想している。そういった個別の世界を繋ぐ事が出来たらなお面白い事になるだろう。

WebFlockは価格的にそれほど安いサービスでは無い。「3D空間」「アバター」「基本機能」が含まれる「基本実装」のみでも12ヶ月で「$10万ドル以下」となっている。同氏は、完全にSecond Life関連の事業を放棄したわけでは無いが、今回の彼の新しい事業への重視は、Web世界から完全に独立した(あるいは、限定的接続された)バーチャルワールドの兆候を彼が認識してると示している。

[原文へ]

(翻訳:E.Kato)